VOICE

諦めかけていた状態から第一志望の会社の内定を勝ち取った転職

K.W

27歳

before
食品専門商社 営業
After
人材サービス会社 営業

何故、転職しようと思いましたか?

自己成長スピードが落ちてきたと感じた為です。新卒で入社し漠然と既存クライアントメインの営業をしていました。当時、自分も含めメンバー層は営業職にも関わらず数字意識は低く、与えられた商材を売り切ることやクレーム対応を円滑にできてしまえば誰でも評価される環境にありました。その中で入社3年目に入るまで営業成績や社内評価も悪くはなく役職へのステップも見えてきていましたが、しかしその時点での自分が営業マンとしてのスキルを全く身に着けていないことを感じました。提案や商談機会もほとんど経験がなかった為、20代のうちに営業としての場数を積める環境を求め、それまでとは真逆の無形商材新規営業スタートのさらに成長スピードを加速できる実力主義の会社に転職したいと思いました。

実際転職活動をしてどうでしたか?

最初はWEB求人広告に自身でエントリーして応募していました。書類選考段階では数打ってなんとか面接に繋げようとしていましたが、経歴書などの書類の内容も対策を練って作成したものでない為、当然ほとんどが書類段階で不合格になり転職活動自体諦めかけていました。

Izulと出会ったきっかけは?

満足のいく転職活動ができていない中、相談した知り合いが紹介してくれた人がIzulの人でした。

実際Izulに相談してどうでしたか?

私の過去からルーツを掘り起こし、漠然としていたキャリアビジョンから理想の将来像を描くまで導いて頂きました。もちろんこれまでの私の意識の低さや理想と現実のギャップ埋める為に、時には辛いと感じることや緊張感が出るほど踏み込んだ指導をされることもありましたが、私以上に私のキャリアや人生について熟考して頂き、転職活動を通して多くの【気付き】や【学び】のきっかけを作っていただきました。自分のキャリアに関して考えることは当たり前のように感じますが、常に業務で忙殺されていた毎日を過ごしていた私はIzulとの出会いで人生が変わりました。他社への入社を目的とするのではなく、私の過去から将来まで包括的に考えたコンサルティングをして頂き、面接対策や自己分析、転職エージェントもイチから選び直してもらいました。エントリーする会社もIzulの方と一緒に考え、初めは面接で苦戦しておりましたが課題を分析し、対策して頂いたおかげで第一志望の会社から内定をいただく事ができました。

実際に現職で働いてみていかがですか?

覚悟はしておりましたが、やはり最初は正直大変でした。ただ、Izulの方と転職は目的ではなくなりたい自分になるための手段と話していたので、乗り越えることができました。自分が求めていたフィールドでの営業経験を積めていることや、確実に1歩ずつ前に進んでいる実感ができていることに充実感を感じています。今の忙しさやキツさは仕事の楽しさに繋がることさえあります。本当に入社できてよかったです。

キャリアに悩んでいる皆さんに一言

信頼できる人を見つけて相談をまずしましょう。自分だけで考えて判断ミスをしたからこの状況なので、まずは判断を間違った自分を認めて、信頼できる人を見つめて相談する事が良いです。私の場合はそれがIzulでした。Izulと一緒に自分自身と向き合うことで改めてわかることがたくさんあり、転職活動を通して成長できます。なりたい自分への道筋がはっきりして距離も縮まります。 現在も何人か困っている人をIzulに紹介しているのですが、転職ありきではないアドバイスやプライベートの相談等ものってくれ皆から感謝されています。出会いはたまたまでしかなかったですが、これからも相談させていただきたいと思います。

VOICE LIST