VOICE

弱点を発見し、将来の可能性を無限大に考えられた初めての就職活動

M.K

21歳

就職先
繊維商社

就職活動を始めた当初はどうでしたか?

私は、3年生の秋ごろから就職活動に対する意識が高まりました。自分の将来を決める時期が来たということにすごくワクワクしていました。とにかく色々な世界に触れたくて、合同説明会やインターンシップなど、気軽にたくさん参加するところから始めました。

実際、就職活動をしてどうでしたか?

私は、これから人生の大部分を占めるのが仕事であるからには、自分の好きなこと、やりがいのあることを仕事にしたいという軸を明確に持つようになりました。行きたい業界だけに選考を絞って就職活動を進めるなか、何かもっとやらなければいけないのではないか、このままで大丈夫なのだろうか、自分はこのまま突き進んでいいのか、という不安を感じるようになりました。

実際Izulに相談してどうでしたか?

私が中田さんに最初にお会いした時にしていただいたのは自己分析の深堀です。自分が行きたい業界、やりたいことは明確にイメージできるのに、自分のことを聞かれると答えられないことが自分の弱点だと思い相談しました。中田さんは、わたしが気づくことのできなかった色々な側面を様々な切り口から導き出し、その他にも私の悩みや疑問、ちょっとしたつぶやきまで拾ってたくさんのお話しをしてくださいました。本当に心強かったです。おかげで自分らしく就職活動をこなし、自分が行きたいと思っている企業に就職先を決めることが出来ました。

Izulが他の相談者より優れている所、良い所はどんな所ですか?

一人一人に本当に近い距離で応援してくれるところです。そしてとにかく元気をもらえます!就職活動を通して感じるいろんな気持ちの波を、中田さんはいつも私と同じ気持ちになって考えてくださいました。中田さんにいただく言葉はすべて自分にとってのモチベーションに繋がります。友人のようにフレンドリーで、見守り、励まし、応援してくれる中田さんは、私が関わった他のどんなキャリアアドバイザーよりも心の支えになってくれました!

就職活動に悩んでいる皆さんに一言

一人で考えこむよりとにかくなんでも聞いてみる、話してみる、やってみるということが大事だと思います。就職活動は楽しんだもの勝ちです。自分がこの企業に就職したらこんなことが出来て、10年後にはこんな風になっていたら万々歳!でもこんなキャリアステップでもいいかも!と、将来の自分の可能性を無限大に考えられるのが新卒採用の最大の魅力なのではないでしょうか。前向きに進んでいきましょう!

VOICE LIST