VOICE

自己分析によって「謙虚に」「熱い」想いを伝えられた転職

N.O

28歳

before
放送局 総合職
After
大手人材会社 総合職

何故、転職しようと思いましたか?

成長スピードを高めたい、営業としてフロントに立ちたいという2点が理由です。前職ではマネジメントの役割であり、風土としてトップダウンかつチャレンジが出来ず成長に危機感を感じておりました。自分自身の課題と向き合い、人間として多くの方々に信頼していただけるように自分を変えていきたいと思ったからです。

実際転職活動をしてどうでしたか?

こんなにも自分自身と向き合った経験は初めてでした。ノート2冊びっしりと自己分析をして鏡の前で面接の練習を徹底的に行いました。中田さんと受けた企業は3社ありましたが、1社目があっけなく落ちてしまいましたが、スピード良くFBをいただき徹底的に改善したことで2社目を内定いただきました。他人から見た自分が本当の自分ということを受け入れることが出来たことが良かったと思います。

 Izulと出会ったきっかけは?

友人の紹介です。既に自身で企業HPからエントリーをして選考が進んでいる中で本当に自分のキャリアプランが正しいのか不安になり、友人に相談しました。中田さんに話してみれば大丈夫!と紹介していただきました。

実際Izulに相談してどうでしたか?

最も良かったことは本質的な自己分析を行っていただいたことです。
特に、自己課題やモチベーションの根本を作り上げた過去の体験を自分で理解出来たことです。自分自身では何となく気づいていたのですが、逃げてしまっていたと痛感しております。相談後の面接では自己PRではなく、「私の目標は〜です。現在、〜のような点に課題感があり、御社では〜のように自分を成長していきたい」と心の底から言葉を言えたことで採用率が上がりました。

転職活動において、成功する秘訣は何ですか?

面接官に対して、謙虚に人間味のある形で成長していきたい想いを語ることです。皆さんがテニスサークルの代表として、以下の2人の中でどちらを取りたいですか?
Aさん「私は、高校の時にインターハイ優勝の実績があります。サークルでも一番になって試合に出て活躍して将来はキャプテンになりたいです。」
Bさん「私は、高校の時になかなか思うように活躍出来ませんでした。この悔しさの為に大学では少しでも上手くなってサークルに貢献していきたいです。」
Bさんではありませんか?
転職において実績は必要ありません。過去の事をしっかり考え、未来を創っていく想いを謙虚に熱く伝えれば必ず成功します。

キャリアに悩んでいる皆さんに一言

まず、友人に相談してみることだと思います。自分自身のことは他人が一番知っています。そして、勇気を出して相談すれば必ず相談にのってくれます。私も友人に相談したことで中田さんと知り合うことが出来て、さらには自分の本質を理解出来ました。本質を理解できると、転職のみならず日々の生活も楽になります。

VOICE LIST