Commitment

このページは、Izulさんのこだわりをフラットな目でお伝えすべく、
ホームページ制作会社PLEAmediamixがライティングを担当しています。

よくわからない人間が突然しゃしゃり出て失礼いたします。 今回、Izulさんのwebサイトを企画・プロデュースさせていただきました制作会社プレア・メディアミックスのアベユキノと申します。

私は、社長の中田潤一さんとは切磋琢磨し合う経営者仲間であり、ディスり合う友人であり、(恥ずかしいのであまり本人には言いませんが)その愚直なまでの求職者様に対する真摯さに心打たれたファンの一人でもある、そんな間柄の人間です。

ところで、みなさま、転職活動は思い通りに進んでいますでしょうか。

私自身これまでに数回の転職を経験していますが、「キャリアをつくる」とは旅をするようなものであり、信頼できる道先案内人がいるのといないのでは、数年後に立っている場所が天と地ほど違うのだなと、この歳になって痛感しております(37歳)。 もっと早く出会いたかったぜIzul……。

というわけで、ここでは、なぜ私がIzulにもっと早く出会いたかったと思っているのか、私(第三者)から見た「Izulの魅力(こだわり)」を勝手にお伝えしたいと思います。

1. 「職業紹介業」ではなく「キャリア支援業」

今回のサイト制作打ち合わせの中で、もっとも頻出したのではないかと思われる話がこれ。

「求人票を出すだけなら猿でもできる。オレらはキャリア支援業なんです!!」(暑苦しい…… 笑)

転職するなら、誰だって条件がいいほうがいいじゃないですか。 給料が上がる・休みが増える・フレックス出勤になる……理想ですよね。

  でも、転職してすぐの給料が10年経っても上がらないとしたら? 休日数を最優先したものの、スキルがまったく身につかない仕事しかさせてもらえなかったとしたら?

Aの線はは緩やかに上昇しており、Bの線は直線を描いているグラフ。Aの線がBより上に位置している

この曲線は、キャリアの積み重ねグラフです。
縦軸は、たとえば給料だったり、スキルだったり、社会人としての評価だったりを想像してみてください。

  あなたの「ありたい姿」は、Aのタイプでしょうか? Bのタイプでしょうか?

         

答えは自分の中にしかないのですが、Izulさんいわく、その答えを最初から持っている人は実はかなり少数なんだそうです。 これを導き出すためには、過去や現在を深く深ーく掘り下げていく必要があるとのことで、中には納得いくまでなんと10回以上もこの掘り下げだけの面談をされる求職者様もいらっしゃるそう。

  (え、それを全部無料でやるんですか……汗)と私が思ったのは内緒の話ですが、この深堀りをしつこくやってくれるエージェントと適当に流しながらやるエージェントなら、暑苦しくてもしつこくやってくれるエージェントがいいに決まっている!!笑

転職成功後も長くお付き合いが続いている元・求職者様が多いそうですが、ここまでやってくれることを考えると、当然ですよね……と思わされたお話でした。

直近で転職成功した方々と開催した『Izul bar』。柔らかそうに見えて芯のある方々ばかりなんだそうです。

2. アドバイザーは全員副業必須!!
※ただし、情報商材系、ネットワークビジネス系は禁止

私がすごく面白いなと思ったポイントなのですが、「アドバイザーは副業必須」。
なぜだと思いますか?

それは、以下2つの社長の信念から。
①挑戦者を支援するアドバイザーもまた挑戦者であるべき
②求職者様のためになると思えば「転職させない」という選択もできる心の余裕が必要

①は、「自ら道を切り開く」「稼ぐ力を身につける」を自分でも体現しているアドバイザーしか、本当の意味での道先案内人にはなれないという思いです。

たしかに、毎日求人票とにらめっこするだけで、自分のキャリアすら描けていないキャリアアドバイザー(笑)よりも、自らの目標に向かって能動的に動いているアドバイザーのほうが説得力がありますよね。

   ②は、転職エージェント業界全体に関わる部分なのですが、実は、求職者様が転職してくれてはじめて自分(アドバイザー)の営業成績になる転職エージェントの特性上、初回面談から求人票を山のように持ってきて、とにかくエントリーさせまくるエージェントもあるのだそうです(このお話は多方面からお聞きしますね……)。

  一方、Izulのアドバイザーは、みなさん副業収入もあり安定しているので、求職者様を無理やり転職させようとするケースが本当にないんだそうで。目先の給与のためではなく、求職者様をご自身の「ありたい姿」に少しでも近づけるスキルを身につけるために働いているアドバイザーだからこそ、10回以上も面談したり、「今じゃない」と思えば転職を思いとどまるよう励ましたりができるんですね……すごい仕組み。

  このルールから、みなさんご自身で別の事業をされていたり、スペシャリストとして他企業へのアドバイスをおこなっていたりと、様々な活動をされているのだそうです。そんなアドバイザーさん、転職を考えていなくても、社会人として普通に話を聞いてみたいですよね(笑)。

Googleに集まる口コミには「30回以上面談」や「結果的に別エージェント経由での転職(編注:よりご本人に合う求人を持っていた他エージェントに、Izulさんも納得の上で行ってもらったんだそう)」など、他のエージェントにはない言葉が並ぶ。

3. 紹介先企業は「担当者レベルまで」知り尽くす!!

就職する会社の先輩はどんな人?会社の雰囲気は?数年後のキャリアパスは……?など、あるあるな不安ですよね。

Izulさんでは、たとえば面接する前から、面接官がどんな人なのかほぼわかる(!)レベルで、紹介先企業としっかりお付き合いをしているんだとか。

え、面接官がどんな人か、先にわかっちゃうなんてズルいぞ(筆者、心の声)。

  でもたしかに、そこまで知り尽くしていないと、求職者様の「ありたい姿」がその企業で達成できるかなんて、わからないですよね……。 Izulさんでは、企業から求人票を頂く前に人事担当者さんとお話しし、求めているのはどんな人材なのか、そこで働くことで何が得られるのかをじっくりお聞きするのだそうです。そして、残念ながら「Izulで転職してくれる人には薦められない」と結論づけた場合には、なんとお付き合いをお断りすることもあるんだとか。

  さらに、大企業など、事業部によって雰囲気や求められるスキルが大きく違うといった場合には、その事業部ごとに内情をしっかり把握してから紹介するようにしているのだそうです。このへんは、中田さんご自身が大企業に勤めていた経験(キーエンス▶︎サントリー▶︎アリババ▶︎リクルート ※敬称略)が生きているんですね。いや、すごいわ、Izul。

紹介先企業様主催のBBQ大会にお呼ばれしたときの写真。なんですか、この素敵すぎる雰囲気は……!

(ライティング:アベユキノ from.PLEAmediamix