Consultants

北川 治の写真

得意領域:
IT・広告・人材・ソーシャルビジネス/マーケティング

北川 治

Osamu Kitagawa

キャリアアップ、それが人生で本当にしたいことですか・・?

以前の私なら「もちろんです」と即答していたでしょう。しかし、実際にマーケターとして多様な経験を重ねた結果、心に不調をきたしてしまいました。

そこで改めて今までの自分を振り返ってみた時、終わりのない「キャリアアップ」という呪縛に対して、「苦しい」と言う自分の心の声に耳を貸すことができていなかったことに気付きました。

他人の評価に左右されず、自分の人生を歩んで欲しい

そんな私が不調を乗り越えられたのは、これが自分にとって本当に大切にしたいものだという価値観を見つけることができたからです。

私が大切にしたい価値観は、”他者評価に左右されず自分の人生を主人公として歩んでいく人で溢れる世の中にしたい”というもの。

「今のままでもいいけど、なんかモヤモヤする」
「隣のあの人はなぜあんなにイキイキと働いているのだろうか」
「今の仕事に満足していないけど、どんな仕事をすれば満足するのかわからない」

そんな悩みを抱えている方は、あなたが大切にしたい価値観が何なのかを考えてみてください。そして私にも一緒に考えさせてください。

願うなら、他人の評価に左右されず自分の人生を歩むと決心したあなたの支援ができると嬉しいです。

「ホンモノじゃないよな。」

大学生の頃、企業に就職するか教師になるか、何度も葛藤しました。教育実習を経験して、最終的に企業に就職することを選びました。当時の私には、教師は生徒にただ勉強を教えるだけで、卒業後に待ち受ける現実の社会を教えてくれる存在ではないように思えました(そうじゃない教師の方もたくさんいることを後で知りました)。

企業経験のない教師が、本当に社会を伝えることができるのか。目の前の生徒が卒業後に待ち受ける社会の景色を語れないなんてホンモノじゃないと感じていたのです。だから、まずは企業で経験を積んでから教師になるかどうかを考えようと決めました。

数年後、初めての転職活動で転職エージェントとの面談を経験した時、その感覚が再び蘇りました。エージェントは次々と転職先を推薦してくれましたが、本当にやりたいことや、持ち味が発揮できるかどうかには関心がないように感じました。また、マーケターの経験がないため、表面的なキャリアアドバイスしかできないようでした。転職先は紹介するのに、転職後にスタートする私のキャリアの解像度が低いなんて、ホンモノじゃないなと思いました。

この時に感じた世の中の転職エージェントへの違和感がきっかけで、Izulにジョインすることを決めました。

マーケティング職を軸に、様々な経験をしてきたからこそのホンモノの支援を

私は新卒で事業会社のマーケターとしてキャリアをスタートし、海外ビジネスカレッジへの留学、教育業界、広告業界、EC業界など多様な業界での経験を積んできました。またメンバー、マネージャー、海外法人代表など様々な役割を経験し、はたまたメンタル不調や失敗も乗り越えてきました。現在は、コンサルタント以外にIzulのマーケティング責任者、社外でもフリーランスのマーケターとして活動しています。

現場の温度感を大事にしてきた私だからこそ、当たり前すぎて気づかないあなたの持ち味を見出し、等身大のあなたが活躍できるフィールドを具体的なイメージをもってサポートできると信じています。

経歴
新卒で株式会社リクルートに入社。転職領域の集客マーケティングを担当。在籍中は年間MVP受賞。その後30歳のタイミングで退職し、カナダのビジネスカレッジに留学。

帰国後に入社した株式会社レアジョブでは、マーケティング組織のDeputy Managerとして、マネジメント・新規集客・オウンドメディア編集長などを担当。

その後、株式会社フリークアウト・ホールディングスへ転職。海外事業部所属となりオーストラリアに駐在。現地法人の立ち上げ及び現地法人の責任者、その後社内異動にてタイ・バンコクに駐在し、現地法人責任者を担当。

帰国後、株式会社ボーダレス・ジャパンに転職。事業横断マーケターとして、ウェブサービス、店舗ビジネス、ECなど多岐に渡るビジネスモデルのハンズオン支援を担当。
キャリアに悩む若者や、マーケターのキャリアの創り方を伴走支援したいという想いが募り、Izulへジョイン。

転職するか迷っていても大丈夫!
まずはお気軽にご相談ください。

Reserve

キャリア相談の予約をする