續 慶一

Keiichi Tsuzuki

将来に漠然とした
不安を抱えている人たちに
キャリアリテラシーを

自分の人生の主役はあくまで自分自身です。最終的な選択は自分自身でしていただく、そのための伴走者で在りたいと考えています。

あくまで私が行うのは、「今」漠然としている感情や思考の整理です。もちろん面談の中では、耳が痛いこともズバッとお伝えします。より本気で自分の「人生」を考えてもらい、自己選択のキャリア形成を意識してほしいからです。容易に情報取得ができ、選択肢が多い現代において、『キャリアリテラシー』をつけてもらい、能動的な自己選択ができる状態を創出します。

小難しいことを話しましたが、実は私自身、この仕事が大嫌いでした。正確にはこの仕事をしている人が大嫌いでした。それはビジネスとして捉えているからこその「ドライ」な関係だったから。

自分の人生において転職は大きな出来事です。それであれば、とことん本音でぶつかり、とことん思いを伝えてください。本気な人には本気でぶつかりたい。「ドライ」なエージェントの中で一番「ウェット」なエージェントで在りたいと考えています。

泥臭い今でも、納得していない今でも、チャレンジしたい今でも。
それは自分だけのキャリアです。自分と向き合う、そんな時間を創ってみませんか。

経歴:大学職員(同大学サッカー部監督兼任)→プルデンシャル生命保険株式会社→株式会社マイナビ→株式会社アーリークロス(CHROとして参画)→株式会社Izul(並行して、Orinas代表/九州大学起業部コーチおよび事務局長)
大学職員、営業、採用人事、人材部門責任者など多様な経歴を持つ。現在は拠点は福岡にて、Izul執行役員、Orinas代表とともに、九州大学起業部コーチ及び事務局長を務めている。

江部 臨太郎

Rintaro Ebe

「圧巻の伴走型エージェント」
を貫きます。

世の中の人が全員 "やりたいこと" がわかっていたら、エージェントはいらないと思っています。転職活動において、自分の "やりたいこと" が明確で、企業のポジションと "やりたいこと" がうまくマッチすることができたら、皆が活躍できる良い社会になると思います。

しかし、モノと違って人には感情があるからこそ、適切な判断ができないことがあります。 "やりたいこと" の迷路に迷ったり、目の前の年収や働きやすい環境といった条件だけを見てしまったりと、あやまった意思決定をしてしまうこともあります。そして、自身の方向性を見失ってしまったときに、正しい方向に導くことができず、迷っている転職者の条件だけを鵜呑みにしてしまうエージェントが多いことも、残念ながら事実です。

私自身、20代はアパレル→飲食→ニート→広告営業→SaaS新規事業立ち上げ→人材と、自分が本当に ”やりたいこと” を見つけるのに苦労し、まわり道をしてしまった経験がありました。だからこそ、私と関わった人には、目の前の転職だけではなく「正しいキャリア形成の考え方を身につけてもらうことで良い人生を歩んでもらいたい」と思い、この仕事をしています。

右から左に人を流す人材紹介ではなく20回でも30回でも徹底的に面接対策を重ね、個々の「将来のありたい姿」を実現するために個人を育て、企業とつなぐ架け橋になることをポリシーとしています。

経歴:アパレル セレクトショップFREAK'S STORE→実家の鰻屋リニューアルに参画→株式会社リクルート住まいカンパニー→パーソルキャリア株式会社Inovation Lab.
アパレルからキャリアをスタート、事業立て直しや新規事業立ち上げも経験という異色の経歴の持ち主。現在は個人事業としてパーソナルスタイリストや中小企業経営コンサルタントも行っている。

押目 隆之介

Ryunosuke Oshime

実体験に基づいた
具体的なアドバイスを

「転職する」だけでは、本質的には何も変わりません。

「(自分の)価値観」をベースにした「人生全体の方針」と、「覚悟」を持ったその後の「行動」によってこそ、(その人にとっての)良いキャリアが築けるものと思っています。
僕自身もたくさん悩みました。「好きなこと」をお仕事にもしていました。

そういった経験から、

・「キャリア」「市場価値」に対する漠然とした不安
・「憧れ」や「やりたいこと」を仕事にすることのメリットデメリット
・「価値観」を自己認識するための方法

などについて、実体験を通じて出来る限りのアドバイスをさせていただきたいと思っております。いつでもご相談ください。

経歴:郵船ロジスティクス株式会社 → 株式会社リクルート住まいカンパニー → 株式会社AbemaTV(株式会社サイバーエージェントより出向)
国際物流会社、広告企業で営業を経験したのち、新進気鋭メディアAbemaTVにてコンテンツ戦略を担当。自身考案の企画がYahooニュースに取り上げられたこともある、「楽しい」を形にする戦略家。

代表取締役

中田 潤一

Junichi Nakata

転職を目的にしてほしくない

「現状の苦しみから脱したい」という思いは、転職を考えるきっかけとしては悪くないですが、それ自体を転職の目的にはしてほしくありません。
転職はあくまで「未来の自分はこうありたい!」を実現するための手段です。
転職をすることを目的にせず、充実した人生にする事を目的にしてほしい。そのためには、「自分は何者なのか?」や未来のありたい姿を、今まで以上に時間をかけて考えていただきたいと思います。

私が多くの方からご指名いただけるのは、自己分析〜面接対策〜転職後のメンターまで、キャリア相談に必要な全ての役割を一貫して担い、それに満足いただけた結果だと感じています。そして、そのやり方に応えてくださった求職者様の頑張りのおかげで、副産物的に高い内定率やクローズドな会社情報、企業側からの特別な案件等を獲得できています。

目の前の仕事に忙殺されていて未来のことを考える時間もない、キャリアのことを相談できる相手もいないという方は、ぜひ私にご相談ください。

経歴:株式会社キーエンス→株式会社サントリー→アリババ株式会社→株式会社リクルート住まいカンパニー
リクルート在籍時に株式会社Izulを立ち上げ、現在に至る。 スキルシェアサービス「タイムチケット」では就職・転職カテゴリーで37ヶ月連続1位獲得、年間アワードを2年連続受賞。