最終面接で受かるためには何をすべき?落ちやすい人の特徴やよくある質問集を紹介

2022年11月15日

2023年5月30日

著者

Izul広報チーム

Izul広報チーム

就活や転職活動を成功させるうえで、最終面接は避けて通ることができないものです。しかし、「最終面接に受かるために何をすれば良いかわからない」という方も多いのではないでしょうか。この記事では、最終面接に受かるために必要な対策や落ちやすい人の特徴、よくある質問について解説しています。最終面接に合格したい方はぜひ参考にしてください。

最終面接の特徴とは

最終面接では、企業の社長や役員などの経営層が面接官になって面接を行います。所要時間は30分〜1時間程度が一般的です。最終面接まで進んだということは、企業が応募者に興味を持っている証拠といえるでしょう。ただし、最終面接まで進んだからといって、必ずしも内定がもらえるとは限りません。最終面接の通過率は60〜65%といわれています。決して油断せず、しっかり対策を行った上で挑みましょう。

最終面接の目的

最終面接の目的は、最終的な採用・不採用の決定です。企業が求める条件を最低限クリアしていると判断された応募者の中から、「社風や理念に沿った人材かどうか」「志望意欲が高いかどうか」「企業への貢献度が高いかどうか」などを判断します。応募者側にとっても、自分がこの企業に合っているかを確認し、入社の覚悟を固める重要な場です。企業と応募者のミスマッチを防ぐために、お互いが最終確認を行う大切な時間であると理解しておきましょう。

一次・二次面接との違い

役員が面接官となる最終面接とは違い、一次面接・二次面接では人事や現場の担当者が面接を行うことがほとんどです。一次面接では、コミュニケーション能力やビジネスマナーといった基本的な項目がチェックされます。二次面接では、企業やほかの社員との相性や企業が求める条件とマッチしているかどうかを判断されることが一般的です。

最終面接に落ちやすい人の特徴

「せっかく最終面接まで進んでも、なかなか内定をもらえない」という人の中には、いくつかの共通点があります。ここでは、最終面接に落ちやすい人の特徴を解説します。

これまでの面接と発言内容がぶれている

一次面接や二次面接と最終面接での発言内容がぶれてしまうと、企業に良い印象を与えることができません。応募者がこれまでの面接で話した内容は社内で共有されているため、意見や主張が変わるとすぐに見抜かれてしまいます。発言に一貫性が感じられない人は面接官から「信用できない」と判断され、落とされる可能性が高くなります。志望理由や自己PRなどについては、すべての面接で整合性が取れるように意識しましょう。

ただ面接が進んでいく中で自分の意見が変わることもあるでしょう。その場合は正直にその旨を伝えましょう。

入社に対する意欲が伝わりづらい

最終面接では応募者の志望度を特にチェックしているため、入社に対する意欲が伝わりづらい人は不採用になるケースも少なくありません。「なぜ当社を選んだのか?」「当社は第一志望か?」といった質問に対して、自分の熱意が伝わるように答え方を工夫する必要があります。入社への意欲や自己PRを論理的に説明できるように練習しておくと安心です。

企業の方針と合っていない

応募者の価値観や考え方が企業の方針と合っていないと判断されると、最終面接で落ちてしまう可能性が高くなります。なぜなら経営を担う役員が面接を担当する最終面接では、一次面接や二次面接以上に企業との相性が重視される傾向にあるためです。企業とのミスマッチを防ぐためにも、企業研究を徹底し、面接前に企業の基本情報や応募書類などを見直しておくとよいでしょう。

最終面接に必要な対策は?

最終面接に受かるためには、事前準備が必要不可欠です。ここでは、最終面接対策を4つ紹介します。どの項目も重要であるため、最終面接を控えている方はぜひ参考にしてください。

一次・二次面接の回答を振り返る

上述の通り、一次・二次面接での発言と最終面接の発言に一貫性がないと、不採用になる可能性が高くなります。最終面接ではこれまでの面接での回答を深掘りされることもあるため、自分がどのような回答をしたのか振り返るようにしましょう。履歴書や職務経歴書などの応募書類を見直すのもおすすめです。

想定される質問への回答を考えておく

どのような企業でも、最終面接で行われる質問はある程度想定できます。基本的な質問に対しては自信を持って答えられるように、あらかじめ話す内容を考えておくとよいでしょう。しかし、ただ回答を丸暗記すればよいわけではありません。あくまでも自分の言葉で意見を述べることが大切です。

企業研究を深める

最終面接に受かるためには、企業研究をさらに深めておくことも重要です。企業によっては一次・二次面接から最終面接まで期間が空くことがあります。企業の公式ホームページ・公式SNS・プレリリースなどを確認し、志望する企業や業界の最新情報をキャッチしましょう。面接では役員以上が出席するケースが多いため、あらかじめ役員陣や社長について調べておくのもおすすめです。

逆質問を用意しておく

最終面接では、面接官から「何か質問はありますか?」と尋ねられることがあります。入社意欲のアピールにもつながるため、事前に逆質問をいくつか考えておくとよいでしょう。逆質問の代表例としては、志望企業が行っている事業や業務内容に関する具体的な質問などが挙げられます。ただし、企業の公式ホームページを見ればすぐにわかることを質問してしまうと、かえって印象が悪くなるため注意してください。

最終面接でよくある質問と対策

ここでは、最終面接でよくある質問と回答のポイントを解説します。事前に回答を準備しておくことで、当日は落ち着いて最終面接に挑みやすくなるでしょう。

改めて志望動機を教えてください

一次・二次面接とは面接官が異なることから、最終面接でも志望動機を聞かれることがあります。これまでの面接で伝えてきた内容を踏まえて、より入社意欲が伝わるような回答を心がけましょう。自分の経験やスキルが企業に対してどのように貢献できるかを具体的に伝え、自分が戦力になることを積極的にアピールすることが大切です。

同業他社ではなく、弊社を選んだ理由は?

この質問を通じて、面接官は「どのくらい業界研究を行っているか?」「入社意欲はどの程度か?」といった点をチェックしています。他社や業界全体の研究を行った上で、志望企業にしかない魅力を伝えるとよいでしょう。ただし、他社を批判するだけの回答はかえって印象が悪くなってしまうため注意してください。

他社の選考状況と志望順位は?

この質問を通じて、面接官は「内定を出したら入社してくれるのか?」「入社後にすぐ辞めてしまわないか?」といった点を確認しています。印象が良くなりそうな回答をしたくなるところですが、他社で選考が進んでいる場合は正直に伝えた方が良いです。面接を受けている企業が第一志望でない場合は「第一志望群」といった答え方が無難です。回答する際は、第一志望や第一志望群である理由も合わせて伝えることをおすすめします。

弊社で実現したいことは?

この質問を通じて、面接官は「応募者の志望度はどのくらいか?」「正確な企業分析を行えているか?」といった点を見極めています。企業の事業内容をしっかり理解した上で、入社後にどのようなキャリアを歩んでいきたいかを具体的に伝えるとよいでしょう。「実現したい」と感じるきっかけになったエピソードも合わせて話すと好印象です。

弊社に入社した後のキャリアプランは?

この質問を通じて、面接官は「入社後のイメージが描けているか?」「応募者と企業がマッチしているか?」といった点を判断しています。入社後にどのような業務に取り組みたいのか、5年後・10年後にどうなっていたいのかを具体的に伝えましょう。ただし、志望企業が掲げる理念やビジョンと大きくかけ離れすぎないように注意してください。

最後に何か伝えたいことはありますか?

この質問は、企業に対する最後のアピールチャンスです。「特にありません」と一言で済ませると、入社意欲が低いと判断されてしまいます。入社意欲や自分がどのように企業に貢献できるかを改めて伝えるとよいでしょう。ただし、企業に自分の思いを伝えたいあまり、長々と回答するのは逆効果です。面接を通じて入社意欲が高まったことを伝え、1分程度の簡潔な自己アピールを行いましょう。

まとめ

この記事では、最終面接に受かるためのポイントを中心に解説しました。最終面接は質問内容こそ一次・二次面接と大きな差はないものの、最終的な採用・不採用を決める重要な場面です。事前対策をしっかり行い、万全な状態で最終面接に挑みましょう。

監修者・片柳 時政

片柳 時政

株式会社リクルート→株式会社Wondershake→株式会社Izul
広告メディアの法人営業(年間表彰1回、月間・Q表彰12回)を経て、3年目にマネジメント職に昇進。その後、ベンチャー企業でWEBマーケティング・メディア運営を経験した後、Izulへ入社。両面コンサルタントとして、IT領域・広告領域・人材領域の企業を主に担当しながら、キャリアアドバイザーに従事。

著者プロフィール

Izul広報チーム

Izul広報チーム

株式会社Izulの広報チームが運用。20代〜30代の若手ハイクラス層から、圧倒的支持を獲得中。働き方や転職のコツなど、キャリアに役立つ情報を発信していきます。

Twitter

Facebook

LINE