ヘッドハンティングされるのはどんな人材?特徴やメリット・デメリットを解説

2022年12月29日

2022年12月28日

著者

Izul広報チーム

Izul広報チーム

実力・成果を重視する企業が増えたことで、ヘッドハンティングの注目度が高まりました。「年功序列制度にはない正当な実力評価を受けたい」「実績とスキルを活かして年収が高い企業に転職したい」などの理由で、企業からのヘッドハンティングを狙っている方も多いのではないでしょうか。
この記事では、ヘッドハンティングの特徴やメリット・デメリットについて解説します。ヘッドハンティングされやすい人材になるための方法にも触れているので、転職・キャリアアップを考えている方はぜひ参考にしてください。

ヘッドハンティングとは

企業がより優秀な人材を引き入れるために、外部からスカウトすることをヘッドハンティングといいます。求人媒体から応募し、面接を受けて入社する従来の方法とは異なり、企業側から声をかけられる点が特徴です。
企業がヘッドハンティングを行う主な目的は人材強化で、自社の業績アップに繋がるスキル・ノウハウを持った優秀な人材を引き抜く施策として実施されます。
ヘッドハンティングは、企業からスカウトを受ける形(スカウト型)が一般的です。また、転職サイトに登録し、企業からオファーをもらう形(登録型)もヘッドハンティングに分類されます。

ヘッドハンティングされるのはどんなとき?

企業のオファーを受ける形から始まる転職活動が、ヘッドハンティングの大きな特徴です。実際のヘッドハンティングは、以下のパターンで受けることが多いでしょう。

  • 採用担当からのスカウト(企業内のヘッドハンティング担当者やヘッドハンティング専門企業)
  • 転職エージェント・人材会社からのオファー
  • 取引先からの交渉
  • 企業交流会
  • 知人・友人・同僚からの紹介

将来的にヘッドハンティングされることを目的に動く場合は、上記のパターンをあらかじめ把握しておきましょう。

ヘッドハンティングされた場合の判断基準

ヘッドハンティングに対する知識が浅いと、いざオファーを受けたときに間違った判断をしてしまうかもしれません。ヘッドハンティングされた場合を想定し、事前に以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 自分の理想とするキャリアに合っているか確認する
  • 待遇や雇用条件のみで判断しない
  • 職場の雰囲気や業務内容を確認しておく
  • 企業の評判を調べておく

仕事上の交友関係が広がっていくと、望まないヘッドハンティングを受ける場合もあります。ヘッドハンティングされた場合の判断基準や対処法を事前に考慮しておくことで、自身が理想とするキャリアから遠ざかることを避けられます。

ヘッドハンティングされやすい人材の特徴

どのような人材がヘッドハンティングされやすいのか、主な特徴について以下で解説します。

経営・管理に携わった経験がある

経営や管理に携わった人材であれば、新しい環境でも即戦力として活躍できます。競合他社と差をつける観点で、企業側にも大いにメリットがあるでしょう。業績アップに直結するような提案やアドバイスを行えばすぐに評価を受けられるため、より効率的にキャリアアップできます。

市場価値の高い能力を持っている

ヘッドハンティングする企業にとって、魅力的なスキルや知識を保有していることも大切な要素です。市場ニーズに応じて柔軟に対応できる人材かどうかも重要視されるでしょう。過去の実績や専門知識などを整理し、ヘッドハンティングされやすい条件を自分で揃えておく必要があります。

企業の売上や成長に貢献した実績がある

企業の売上や成長に貢献した実績を持っていることも、ヘッドハンティングに欠かせない要素のひとつです。「重要なポジションに就いてプロジェクトを成功に導いた」「チームの営業利益を数ヵ月で◯%改善した」など、具体的な実績を持っていると評価される可能性が高くなります。

社外の人間からも高く評価されている

自身の実績が社外の人間にも伝わっていれば、よりヘッドハンティングされやすくなります。競合他社の活動を分析・研究し、勝ちにいくことで社外からの評価を得られるでしょう。

業界における認知度が高い

実績を重ねてメディアへの露出を増やしていくことで、企業間だけでなく業界全体からの評価にも繋がります。業界における認知度が高ければ、即戦力として声をかけてもらえる確率が高まるでしょう。自身で認知度を高めるためには、SNSなどを活用して発信していくことがおすすめです。

ヘッドハンティングされる人材になるには?

将来的にヘッドハンティングされることを想定して、日々の業務や実績づくりに取り組んでいる方も多いでしょう。ここでは、ヘッドハンティングを受けやすい人材になるための方法を紹介します。

市場ニーズに合ったスキルを身につける

市場価値や企業にとって魅力的な能力を身につけることで、ヘッドハンティングされやすい人材になることができます。必要とされるスキルは業界によってさまざまですが、主にピンチやクレームに対応できる能力、プレゼン能力、経営管理スキルなどが挙げられます。また、自身が望む業界・企業にとってニーズがあるスキルに特化する目線も大切です。

現職でアピールできる実績を積む

ヘッドハンティングされるためには、社外から高評価を得ることが大切です。しかし、社外からの評価を気にするあまり、自社での評価を疎かにしてはいけません。社内評価が低い人間は、そもそもヘッドハンティングの対象になりにくいでしょう。最終的に社外にアピールすることを前提に、自社で実績を積むことが大切です。

人脈形成を意識して積極的に行動する

ヘッドハンティングは、企業間交流や同僚との何気ない関わりから始まることもあります。ヘッドハンティングされやすい環境を作るために、積極的に人脈形成を行いましょう。業界・職種を問わず人脈を増やしていくことで、思わぬチャンスに恵まれる可能性もあります。

ヘッドハンティングされるメリット

ここからは、ヘッドハンティングされる主なメリットを紹介します。ヘッドハンティングを目指すモチベーションにも繋がるため、ぜひ参考にしてください。

高待遇で迎え入れてくれる

ヘッドハンティングは企業側からオファーを受けるものです。そのため、現状よりも高待遇で引き抜いてくれるケースが多くあります。ただし、単に待遇がよいからという理由だけで受け入れてしまうと、実際の業務とのギャップに苦しむことになるため注意しましょう。

重要な役職に就ける可能性が高い

ヘッドハンティングする企業は、企業の成長に繋がる人材に声をかける傾向があります。これまでの経験・実績によっては、入社当初から企業の中心的ポジションに就ける可能性もあります。ヘッドハンティングを通じて、現在勤めている企業では難しいキャリアアップを実現できるかもしれません。

自身のスキルを活かして働ける

現在勤めている企業では取り組めなかった新しい領域に踏み込めることも、ヘッドハンティングのメリットです。スキルの幅を広げるきっかけになるため、自身の成長に繋がります。スキルを活かして新しい施策を生み出すチャンスもあるので、実績や待遇面においての追い風になるでしょう。

ヘッドハンティングされるデメリット

ヘッドハンティングされる条件によっては、自身にとってデメリットに繋がる場合もあります。主なデメリットを以下で紹介しているので、参考にしてください。

入社後に求められるハードルが高くなる

ヘッドハンティングする企業は、即戦力を求める傾向にあります。採用ハードルと期待値が高まることで、入社後に過度な期待をかけられ、精神的に疲れてしまうことも少なくありません。ヘッドハンティングされたあとでも活動しやすくなるように、求められるものと実際のスキルにギャップが生まれないようにしましょう。

現職とのトラブルや入社後のミスマッチが起こる場合がある

ヘッドハンティングを受けることで、転職前の企業とトラブルになる可能性があります。転職前・転職後の企業双方が納得できるように、適切な手続きややり取りを意識してください。
また、ただヘッドハンティングされたという理由だけで安易に受け入れてしまうことも避けましょう。転職には成功したものの、社風が合わないといった事態も起こりえます。

ヘッドハンティングを謳った詐欺業者も存在する

詐欺業者に引っかかってしまうと、転職もできず前の職場にも戻れないといった事態が発生します。何らかの理由で、自分を陥れようとする人材が詐欺行為を働くこともあると認識しておきましょう。ヘッドハンティングを求めてきた企業が、クリーンな企業かどうか事前に確認しておくことが大切です。

まとめ

今回は、ヘッドハンティングされやすい人材の特徴や、ヘッドハンティングのメリット・デメリットを紹介しました。ヘッドハンティングは自分自身のキャリアだけでなく、企業にとってもメリットのある行為です。双方が納得したうえで理想的なヘッドハンティングを受けられるように、今回紹介した内容を参考にしてください。
またヘッドハンティングを受ける際は、ビジネスパーソンとして自分自身を見直したり、前職との関係性も大切にするといった配慮が大切です。トラブルやギャップが発生しないように注意しましょう。

監修者・西本 威昭

西本 威昭

・国内大手SIerに新卒入社
 SEやPMとして多くのプロジェクトを経験

・KPMGコンサルティング株式会社に転職
 シニアコンサルタントとしてジョイン
 製造業を中心に複数のSCM案件に参画

・アビームコンサルティング株式会社に転職
 マネージャーとしてジョイン
 製造業を中心にSAP関連プロジェクトに参画

・株式会社Izulに転職
 副業のフリーコンサルタントとして活動する傍ら、
 同社キャリアアドバイザーとして従事

著者プロフィール

Izul広報チーム

Izul広報チーム

株式会社Izulの広報チームが運用。20代〜30代の若手ハイクラス層から、圧倒的支持を獲得中。働き方や転職のコツなど、キャリアに役立つ情報を発信していきます。

Twitter

Facebook

LINE