転職活動に疲れたらどうする?疲れの原因や取るべき対策、休息方法について解説

2023年11月17日

2023年10月20日

著者

Izul広報チーム

Izul広報チーム

転職活動がうまくいかないと、心身ともに疲労が溜まってしまいます。しかし、疲れたからといって転職活動を辞めるわけにもいかず、疲れが取れないままストレスも増えていくという悪循環に陥ってしまう人も多いでしょう。

疲れをコントロールすることは、転職活動を成功させるために重要です。今回は、転職活動に「疲れた」と感じる主な原因や、疲れたと感じた際に行うべきことを紹介します。転職活動の疲れを癒す方法なども紹介しているので、今後にお役立てください。

転職活動で「疲れた」と感じる原因

転職活動で疲れを感じる主な原因は、以下のとおりです。

  • 現職のスケジュールを管理できない
  • 時間の余裕がなくなる
  • 退職手続きに時間を取られる
  • 金銭面の負担がかる
  • 相談相手がいない
  • 転職先が決まらない

ここでは、転職活動で「疲れた」と感じるそれぞれの原因について詳しく解説します。

現職のスケジュールを管理できない

転職活動は、現職に勤務しながら実施するのが一般的です。隙間時間や有給休暇などを効果的に活用できず、上手にスケジュールを組めないことで疲れを感じてしまう人も多いでしょう。日中を転職活動と並行する時間にし、早朝や夜間で現職の仕事の補填をする人も多く、不規則な生活となり疲れを感じることもあります。

時間の余裕がなくなる

現職のスケジュールと並行して行う場合、隙間時間や休暇はほとんどなくなるといえます。時間の余裕がなくなると仕事とプライベートにメリハリがなくなるため、心身ともに疲れたと感じてしまうでしょう。また、複数の企業に対して同時にアプローチする場合は、より時間の余裕がなくなると考えられます。

退職手続きに時間を取られる

転職が決まっても、現職の退職手続きに時間と手間がかかってしまうことも多くあります。退職手続きは現職の担当者がスケジュールを割いて行うため、自分の理想とするタイミングで進められないこともしばしば。「転職日までに退職手続きが間に合うのか」と、イレギュラー対応に追われることがストレスになり「疲れた」と感じる場合があります。

金銭面の負担がかる

転職活動は、金銭面の負担がかかることも覚えておくべきです。応募先に訪問するための交通費や証明写真の撮影代など、細かい出費が多くなります。また、現職を欠勤して面接を受ける場合などは、給与が減ってしまうこともあるでしょう。金銭面での負担は、精神的な疲れの原因になります。

相談相手がいない

転職活動がうまくいかない、現職との兼ね合いが上手にできないなど、転職活動における悩みを相談できないと、自然に疲れが溜まっていきます。退職予定の職場で一緒に働く同僚や上司に相談できないと、一人で悩みや不安を抱える人も多いでしょう。一人で抱え込むことは精神的な負担が大きいため、できるだけ相談相手を見つけておくことが大切です。

転職先が決まらない

転職活動を進める中で、転職先が決まらないことは非常に大きな疲れやストレスの原因になります。特に、退職時期を決めたうえで転職活動を行う場合は、転職先が決まらないことで焦ってしまいます。焦りは、視野を狭める原因になるため、転職活動がさらに難航するといった悪循環につながりやすいでしょう。

転職活動に「疲れた」と感じた際に行うこと

転職活動に疲れを感じた際は、以下を行うのがおすすめです。

  • 行動量の見直し
  • 転職希望企業の選定
  • 面接の振り返り
  • あらためて自己分析をする

自分の転職活動をどう進めるべきか、客観視するうえで重要なポイントとなるためしっかり押さえておきましょう。

行動量の見直し

現職との兼ね合いも含め、オーバーワークのようになっていないか確認してください。過剰な行動量は心身にダメージを与えるだけでなく、余裕がなくなって転職活動に悪影響を与えることもあります。

転職希望企業の選定

転職先が決まらず疲れを感じる場合は、そもそものターゲット企業の設定に誤りがないか再確認すべきです。自身に適した企業を選定しているかはもちろん、面接時に転職希望先の需要に沿ったアピールができているかもチェックしましょう。

面接の振り返り

採用を見送られることが多いと、疲れを感じてしまいます。面接の内容に改善点がないか、客観的に分析してみてください。受け答え方はもちろん、志望動機や面接中の挙動、身だしなみなど、あらゆる視点から自身の面接を振り返ることが大切です。

あらためて自己分析をする

自己分析は、先に述べた行動量の見直しや転職希望先の選定、面接の振り返りにも直結します。転職活動を進める土台になるため、疲れたと感じたら自己分析から行ってみてください。また自己分析は、そもそも転職活動に「疲れた」と感じないようにするための防衛策としても有効です。

転職活動の疲れを癒すには

転職活動に疲れてしまったら、以下の手法で自分を癒すのがおすすめです。

  • 心身の回復を優先する
  • 第三者に転職活動の悩みを相談する
  • 趣味・プライベートの時間を増やす
  • 生活習慣を見直してみる

転職活動における疲れの原因を排除するためにも重要なポイントなので、ぜひ参考にしてください。

心身の回復を優先する

転職活動に疲れを感じたら、まずは心身の回復から優先してください。疲れたまま転職活動を行い続けても、自身の望む結果につながりにくくなります。まずは回復を優先し、心身ともに元気を取り戻した状態で転職活動を再開する方が、より良い結果につながります。

第三者に転職活動の悩みを相談する

転職活動がうまくいかない場合は、悩みを共有できる第三者に相談すべきです。現職の同僚や上司には、相談しにくいかもしれません。プライベートで親交のある友人や先輩などに悩みを打ち明けてみましょう。一人で悩みを抱え込むと、どんどんネガティブ思考になってしまうので注意が必要です。

趣味・プライベートの時間を増やす

できるだけオフの時間も確保し、趣味やプライベートに没頭する時間をもつことも大切です。転職活動の成功に直接つながるわけではありませんが、ストレスや肉体の疲れを癒すには、適度に休みを取る必要があります。

生活習慣を見直してみる

睡眠や食事など、心身の健康に直結する生活習慣を見直すことで、転職活動の成功率が上がることもあります。心身が健康な状態でないと、応募書類の作成や面接、現職の業務との並行など、あらゆることがうまくいかなくなってしまいます。

転職活動の「疲れた」を軽減する方法

転職活動を進めていると、少なからず疲れは感じてしまいます。ここで挙げる方法を実践することで、転職活動の疲れを軽減することが可能です。

同時に複数の企業へ応募する

複数の企業に同時に応募した場合、1日に数社の面接を受けることができれば、転職先が決まるまでの時間を短縮することができます。ただし、短い期間で濃縮した活動を行うため、スケジュール管理を徹底しないとかえって疲れが溜まる可能性もあるので注意してください。

マイナス思考にならない

転職活動をうまく進められないからとマイナス思考になっては、良い流れを引き込むことはできません。たとえうまくいかなくても、自己分析のいい機会だとプラス思考に変換することで、転職活動中の成長が期待できます。

転職エージェントを利用する

転職エージェントに依頼すれば、転職活動の悩みの解決も含めて徹底的にサポートしてもらえます。自分だけでは思いつかなかったキャリアや、求人媒体に載っていない企業を紹介してもらうことも可能です。相談する第三者がいない人などには、特におすすめです。

まとめ

今回は、転職活動における疲れの主な原因を紹介しました。転職活動を進める際は心身にストレスがかかるため、疲れとどう向き合うか意識しておかないと次第に追い込まれてしまいます。転職活動の疲れを解消・防止する方法を参考にして、転職活動を健康的に進められるようにしましょう。

監修者・片柳 時政

片柳 時政

株式会社リクルート→株式会社Wondershake→株式会社Izul
広告メディアの法人営業(年間表彰1回、月間・Q表彰12回)を経て、3年目にマネジメント職に昇進。その後、ベンチャー企業でWEBマーケティング・メディア運営を経験した後、Izulへ入社。両面コンサルタントとして、IT領域・広告領域・人材領域の企業を主に担当しながら、キャリアアドバイザーに従事。

著者プロフィール

Izul広報チーム

Izul広報チーム

株式会社Izulの広報チームが運用。20代〜30代の若手ハイクラス層から、圧倒的支持を獲得中。働き方や転職のコツなど、キャリアに役立つ情報を発信していきます。

Twitter

Facebook

LINE