リクルートが運営する「SUUMO(スーモ)」に転職する方法は?仕事内容や解説

2024年7月7日

2024年5月30日

著者

Izul広報チーム

Izul広報チーム

「SUUMO(スーモ)」は、リクルートが提供する日本最大級の不動産情報サイトです。その規模や信頼性から、不動産業界の中で高い地位を獲得しています。SUUMOへの転職を考える際は、企業情報や働き方、向き不向きなどについて確認しておくことが大切です。

本記事では、リクルートが運営する「SUUMO(スーモ)」に転職する方法や仕事内容、向き不向きなどについて詳しく解説します。

リクルートのSUUMO(スーモ)とは

リクルートはSUUMO(スーモ)のルーツは、1976年にリクルートから創刊された「月刊住宅情報」です。長い歴史を持つSUUMOの事業内容や業績などについて詳しく見ていきましょう。

事業内容

SUUMOは、スマートフォンやパソコンから日本全国の住まいに関する情報を手軽に探せるサービスです。賃貸物件からマンションや戸建ての購入、新築、リフォームまで、幅広い住宅ニーズに対応しています。

例えば、東京で新しいアパートを探しているとします。SUUMOを使えば、エリアや予算、間取りなどの条件を指定して、数多くの賃貸物件を効率的に比較できます。さらに、マンションや戸建てを購入したい場合も、SUUMOなら地域ごとの物件情報や価格を簡単にチェックできます。

2005年に導入された「SUUMOカウンター」は、住まい探しにおける利便性を高める取り組みの一環です。例えば、注文住宅を検討している場合、SUUMOカウンターでは専門家のアドバイスを受けながら、自分に合ったプランや予算を検討することができます。

さらに、SUUMOは「SUUMOマガジン」や「SUUMO注文住宅」などの雑誌を通じて、住まいに関する最新情報を提供しています。

業績

SUUMOを含む住宅情報サービスは、マッチング&ソリューション事業分野において売上の50%以上を占めています。

リクルートの有価証券報告書によると、2021年の売上収益は6,720億円、2022年は6,586億円であるのに対し、2023年は前年比15.5%増の7,606億円と大きく増加しました。

引用:有価証券報告書

A man in a suit explaining the room to a woman

リクルートのSUUMO(スーモ)の年収

リクルートのSUUMO(スーモ)の年収の一例は、344万円です。賃金形態は月給制であり、固定残業代を含んでいます。

基本給:月額20万129円(試用期間中は19万円3124円)

職務手当:月額5万8371円(試用期間中は5万6329円)

35時間分の固定残業代がグレード手当として支給されます。超過勤務手当は超過分が発生した場合に追加で支給されます。

なお、入社後は原則として6カ月間の試用期間が設けられます。試用期間中は、基本給や職務手当などの金額が上記の試用期間内の金額になります。また、年2回の査定が行われ、給与が見直される仕組みです。

リクルートのSUUMO(スーモ)の仕事内容

リクルートのSUUMO(スーモ)の仕事は、主にスーモカウンターでの仕事とSUUMOリフォームストアでの仕事に分類されます。それぞれの仕事内容について詳しく見ていきましょう。

住宅アドバイザー

住宅アドバイザー職は、人々の暮らしを豊かにするために活躍し、幸せな住まいの実現に貢献する仕事です。

スーモカウンターは、注文住宅や新築マンションの購入に関する相談を受け、お客様の要望を整理し、中立的な立場で建築会社やマンションを紹介するサービスです。住宅アドバイザーは、カスタマーとクライアントの間に立ち、両者をつなぐ役割を果たします。

カスタマーの希望をヒアリングし、建築会社やマンションを紹介します。その後、クライアントとカスタマーのコミュニケーションを円滑にし、成約に至らない場合は課題解決支援を行います。

ストアアドバイザー

SUUMOリフォームストアのストアアドバイザーは、リフォームを検討するお客様からのご相談やお問い合わせに対応し、リフォームの相談から工事完了までをトータルでサポートする役割を担います。お客様とリフォームのプランを共に考えながら、最適な提案を行います。

また、SUUMOリフォームストアと施工スタッフとの連携を図りながら、工事の受注および完了までを管理します。

リクルートのSUUMO(スーモ)の働き方

SUUMOでは、柔軟な働き方を尊重する社風により、フレックスタイム制度が導入されています。従業員は自身のライフスタイルや仕事のペースに合わせて、効率的に働くことが可能です。例えば、早朝型の人や夜型の人、家庭を持つ人など、さまざまなニーズに応えることができます。

また、年間の休日数も多く、GWや夏季、年末年始などでは7〜9連休程度の休暇が確保されます。

リクルートのSUUMO(スーモ)のやりがい

SUUMO(スーモ)での仕事のやりがいは、お客様の満足度を高めることにあります。リフォームストアでは、お客様のニーズに合ったリフォームプランを提案し、工事の進行や完了までをトータルでサポートします。お客様が理想の暮らしを実現するお手伝いをすることで、やりがいを感じることができるでしょう。

リクルートのSUUMO(スーモ)の企業風土

リクルートのSUUMO(スーモ)では、独自の企業風土が築かれています。その中心にあるのは、「圧倒的当事者意識」と「個の尊重」です。

リクルートでは、企業が成長し続けるために、従業員一人ひとりが自らの役割に責任を持ち、主体的に行動することが求められます。これは、大企業ながらベンチャー企業のような柔軟性や挑戦する姿勢を持つことを意味します。面接での深堀質問などを通じて、個々の意欲や責任感が見極められ、採用において重視されます。

また、従業員1人ひとりの持つ力や能力を最大限に活かすことが重視されています。そのため、年齢や在籍年数に関わらず、若手でも大きな裁量権を持ち、重要な仕事を任されるケースも少なくありません。

リクルートのSUUMO(スーモ)の募集職種

SUUMO(スーモ)では、住宅アドバイザーやストアアドバイザーの募集を行っています。一例では、住宅アドバイザーは、試用期間6ヶ月を経て、月給190,000円以上の給与が支給されます。昇給や賞与などの福利厚生が充実しており、社会保険や通勤交通費も支給されます。

一方、ストアアドバイザーの一例では想定年収344万円で、査定や賞与が年2回ずつ支給されます。正社員としての雇用形態であり、業務に必要な知識やスキルは研修を通じて学ぶことができます。

リクルートのSUUMO(スーモ)の選考対策

リクルートのSUUMO(スーモ)の選考対策には、いくつかの重要なポイントがあります。

まず、企業理解が不可欠です。SUUMOのビジョンやサービス内容を理解し、自身の志向が企業と合致していることを示すことが重要です。

次に、自身の適性を強調することが重要です。リフォーム業界での経験や、顧客対応での実績など、具体的な事例や成果を挙げて自身の適性を証明しましょう。

また、コミュニケーション能力も重要です。顧客との円滑なコミュニケーションが求められるため、面接や選考過程で適切なコミュニケーションを心がけることが大切です。

リクルートのSUUMO(スーモ)に向いている人

SUUMO(スーモ)での活躍に向いている人は、住宅やリフォームに関心を持ち、顧客とのコミュニケーション能力に優れている人です。また、柔軟性やチームワークを重視し、新しいことに積極的に取り組む姿勢を持っていることも重要です。

住宅業界やリフォーム業界での経験や知識があると有利ですが、それ以外の業界からでも、顧客対応や提案力、問題解決能力などのスキルを持つ人も活躍できます。

リクルートのSUUMO(スーモ)に向いていない人

リクルートのSUUMO(スーモ)に向いていない人は、顧客とのコミュニケーションが苦手、柔軟性がなくチームワークが不得意な人などです。

また、新しいことに積極的に取り組む姿勢がない人もリクルートの社風にマッチしません。

まとめ

リクルートのSUUMO(スーモ)への転職を検討している方は、選考対策や向き・不向きなどを確認したうえで、自身に合っているかどうかを考えましょう。リクルートへの転職はIzulのエージェントがサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

監修者・押目 隆之介

押目 隆之介

日本郵船グループにて3年間国際物流業務に従事。
リクルートに転職し、約5年間住宅・不動産領域のメディア営業およびマネジメントを経験後、前職のAbemaTV(サイバーエージェントより出向)にてコンテンツ戦略プロデューサーとして約4年間勤務しておりました。

現在は、自身の事業の経営も行いながら、リクルート時代の同僚であった中田の立ち上げたIzulにて、20~30代の方々を中心としたキャリア支援のお手伝いもさせていただいております。

著者プロフィール

Izul広報チーム

Izul広報チーム

株式会社Izulの広報チームが運用。20代〜30代の若手ハイクラス層から、圧倒的支持を獲得中。働き方や転職のコツなど、キャリアに役立つ情報を発信していきます。

転職するか迷っていても大丈夫。
まずはお気軽にご相談ください。

相談予約する

Izul公式サイトTOPへ

Twitter

Facebook

LINE