転職すべきか迷った場合に確認すべきポイントは?年代別の判断基準や対処法を解説

2024年7月9日

2024年5月30日

著者

Izul広報チーム

Izul広報チーム

転職を考える際、さまざまなポイントを確認することが重要です。年代によっても異なる判断基準や対処法が存在します。この記事では、転職を検討する際に押さえるべきポイントを年代別に解説します。自身の状況や将来の展望に合わせて、最適な選択を行うために参考にしてください。

転職すべきか迷うときの確認ポイント

転職すべきか迷う際は、迷いの原因を理解することが大切です。以下の項目がクリアにならない限りは、迷いの気持ちが晴れることはないでしょう。

転職したい理由

転職を考える理由は人それぞれですが、よくある理由には以下のようなものがあります。

転職したい理由具体的な例
キャリアの成長現在の職場でのスキルアップやキャリアの発展が期待できない場合
働きやすさの向上現在の職場での労働環境や待遇が改善される職場を求める場合
興味や関心の変化興味や関心が変化し、それに合った職種や業界に転職したい場合

転職を考える際には、具体的な理由を明確にし、自身の目標や希望に合致する新しい職場を見つけることが重要です。理由が明確にならなければ、転職先に求める条件も確定できないため、自分に合った転職先を見つけることは難しいでしょう。

転職先の候補となる企業の有無

転職を考える際には、転職先の候補となる企業が存在するかどうかが重要です。転職サイトや企業の採用ページなどで、自分が興味を持つ職種や業界の求人情報を探します。特に自分のスキルや経験が活かせるポジションがあるかを確認しましょう。

また、知り合いや業界の人脈を通じて、転職先の候補となる企業を探すのも方法の1つです。その際は、企業の評判も一緒に調べて、その実態や自身との相性を把握することが大切です。

転職後のキャリアプランが描けているか

転職を決断する際には、転職後のキャリアプランが明確であるかを確認することが重要です。具体的な目標や目的を持ち、その達成に向けて計画を立てる必要があります。

まずは、自身のスキルや経験、興味関心などを振り返り、転職後のキャリア目標を明確にします。例えば、「管理職を目指す」「スキルを磨くために新しい業界に挑戦する」などがあります。

次に、転職を考える業界や職種の将来性や求人情報を調査し、自分のキャリアプランに適したポジションや企業を見つけましょう。そのうえで、5年後や10年後の自分の姿を想像し、そのためのステップや必要な準備を考えます。

現在の職場に不満があるかどうか

転職を考える際には、現在の職場に不満があるかどうかを冷静に振り返ることが重要です。例えば、給与や福利厚生面で不満がある場合、より良い条件を提供する企業を探すことが転職の動機になります。

転職するかどうかを判断する際のポイント

転職したい理由が明確になったからといって、すぐに転職した方がよいとは限りません。転職するかどうかは、次のポイントをもとに判断しましょう。

転職するデメリットよりもメリットの方が大きいかどうか

転職を検討する際には、転職のデメリットとメリットをよく比較することが不可欠です。メリットがデメリットを上回るかどうかを慎重に考えましょう。

例えば、転職によって給与が上がり、生活水準が向上することで幸福感が高まったとしても、社風が自身に合わなければストレスが増大する可能性があります。

転職先で実力を発揮できそうかどうか

転職先の企業や職場環境が自身のキャリア目標や能力にマッチしているかを見極めることが必要です。

例えば、自分の専門知識や経験を活かせるプロジェクトやチームに所属できるか、成長やキャリアアップの機会が提供されるかどうかなどを確認しましょう。

転職先での働き方が自分に合っているかどうか

転職先での働き方が自分のライフスタイルやワークライフバランスに適合しているかどうかも重要です。自身の生活環境や家庭の状況に合わせて、フレキシブルな働き方が可能か、残業や出張の頻度はどの程度かなどを考慮しましょう。

例えば、自宅から通勤しやすいか、リモートワークやフレックスタイム制度があるかどうかなど、働き方に関する制度や企業の考え方を確認することが重要です。

転職するタイミングとして適切かどうか

転職は、タイミングも慎重に検討する必要があります。例えば、人手不足で自分の貢献が重要視されている場合や、あと数ヶ月で賞与を受け取れる場合は、いま転職すべきか悩ましいところでしょう。後悔しないよう、自身にとって最適なタイミングを見極めることが大切です。

年代別の転職の判断のポイント

転職の判断のポイントは年代によって異なります。20代~40代の転職の判断のポイントについて詳しく見ていきましょう。

20代

20代は、より良い労働環境や収入アップを求めることが一般的です。また、スキルや経験の不足を気にする人もいます。

転職を考える際は、自身のキャリアプランを明確にすることが重要です。自分の強みと弱みを客観的に分析し、将来の理想像を具体的に描きましょう。そのうえで、必要なスキルや経験を習得するためにはどのような環境が必要かを考えてみてください。

30代

30代はプライベートで結婚、育児、住宅購入などのライフイベントを迎える年代のため、ライフステージが変わる人も多い時期です。そのため、転職を検討する人が多くみられます。また、労働環境や生活環境の変化が目立ち、周囲との環境の違いが気になることがあります。

転職を検討する際は、まず自分の転職軸を明確にしましょう。家庭のために残業時間や通勤時間は譲れないが、仕事内容や企業の規模については柔軟に考えるといった具体的な条件設定が必要です。

40代

40代の転職は重大な決断であり、難易度が高いとされています。失敗できないというプレッシャーや、他社で通用するかの不安もあるでしょう。慎重に行動し、自身の市場価値を把握したうえで検討することが大切です。

転職すべきか迷いが晴れないときの対処法

転職すべきか迷いが晴れないときは、自分だけで解決せず周りの人やプロを頼ることも検討しましょう。転職の判断がつかないときの相談先は以下のとおりです。

転職経験のある人物に相談する

転職を考える際、転職の経験が豊富な人に相談することが1つの方法です。メリットだけではなくデメリットも考慮して検討すべき理由や、転職した結果どうなったかなどの情報を得ることができます。また、転職理由や検討から決断までの過程なども参考になるでしょう。

転職エージェントを利用する

転職エージェントは市場動向や企業情報に精通しており、個々のニーズやスキルに合った求人案件を提供してくれます。また、面接の準備から交渉までサポートできるため、自信を持てない人にもおすすめです。

まとめ

転職に迷ったときは、転職理由やメリットとデメリットのバランス、将来のキャリアプランなどさまざまなポイントを確認し、慎重に判断しましょう。また、転職エージェントのような転職のプロに相談するのも1つの方法です。転職に迷っている方はIzulのエージェントがサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

監修者・太田 新作

太田 新作

新卒にて東急不動産グループ会社である、東急リゾートへ入社。
沖縄、軽井沢といったリゾート地の新築リゾートマンションの販売計画の立案・販促物の作成に携わった後に、株式会社ATGSへ。
ITエンジニアの紹介営業(SES)にて、以下の会社記録を更新。
1クライアントでの売上・粗利・技術者参画人数が会社新記録を達成。MVP獲得。

2015年よりアデコ株式会社へジョイン。
主に大手WEB企業、スタートアップを中心に経営企画・経理・法務といった管理系職種の採用支援を行う。
社内でも2年連続で上位6%に入る成績を出していたが、成長を求め創業2年目のIT業界に特化した人材系スタートアップでのマネージャー職を経て、2020年よりJAC Recruitmentへ。
金融機関や大手決済サービス、FinTech系スタートアップといったFinTech領域の採用支援を担う。

900名を越えるコンサルタントがいる中で求職者様が選ぶ顧客満足度東日本2位を獲得(2021年下期)。ビズリーチのベッドハンターランクは5,000人を超えるヘッドハンターがいる中で上位2%に与えられるSランクをキープ(2021年7月~2023年2月)。

コンサルタントを行いながら、大手通信キャリアの採用戦略の立案と13名のコンサルタントをリードし採用成功を目指すアカウントマネジメントを経験。

2023年2月に自身の理想とするキャリア支援をしたく、株式会社Izulへ。
Izulの圧倒的な求職者伴走力を活かしつつ、クライアントへの介在価値最大化をミッションとする新組織RDチームの責任者へ就任。
個人でもキャリアコーチングを提供中。

著者プロフィール

Izul広報チーム

Izul広報チーム

株式会社Izulの広報チームが運用。20代〜30代の若手ハイクラス層から、圧倒的支持を獲得中。働き方や転職のコツなど、キャリアに役立つ情報を発信していきます。

転職するか迷っていても大丈夫。
まずはお気軽にご相談ください。

相談予約する

Izul公式サイトTOPへ

Twitter

Facebook

LINE

CATEGORY

TAGS