アカウントプランナーとは?業務内容・仕事の流れ・必要なスキルを解説

2023年1月31日

2023年1月20日

著者

Izul広報チーム

Izul広報チーム

一般的な広告営業よりも、業務範囲の広いアカウントプランナー。広告運用をしたいと考えている企業にとって、必要なサポーターになるでしょう。アカウントプランナーは広告営業とは異なるため「アカウントプランナーの仕事の内容はどんなもの?」「スキルは何が必要なのか?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

この記事では、アカウントプランナーの業務内容や仕事の流れ、必要なスキルの重要性について解説します。アカウントプランナーの仕事に就くことも検討している方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

アカウントプランナーとは

アカウントプランナーとは、テレビや雑誌、インターネットなどの広告を収益につながるようサポートする仕事です。宣伝したい企業や広告を出したい企業に対して、ニーズを理解し企業の扱う商品やサービスの提案やマーケティングを勧めます。

また企業の規模や業種にこだわらず、リサーチしたのちに企画提案し、チームの構築や運営・管理・企画のスケジュールまで提案するのも特徴です。アカウントプランナーは1人で業務を受け持つことはなく、企業に専門スタッフが配属されることも覚えておきましょう。

アカウントプランナーの業務内容

アカウントプランナーの主な業務は、販売したい商品やサービスがある企業に対しての広告枠販売や、広告の企画・提案・実施・修正などです。

広告を出稿するメディアがクライアント企業の商品やサービスのニーズに合っているのか、どのようにすれば商品に興味をもってもらえるかを企画し提案します。また、予算に応じていつまでに売上を出すかなど、広告を運用する上での重要な判断にも関わります。

ただし、アカウントプランナーがすべてを担うわけではなく、それぞれ企業の専門のスタッフと打合せをしながら進めるのが一般的です。

アカウントプランナーの仕事の流れ

アカウントプランナーは、多様な職種の専門スタッフと連携して業務を進めます。大手企業になるほど作業は細分化され、関わる専門スタッフの人数が多くなるでしょう。アカウントプランナーの仕事は、以下の流れで進んでいきます。

  1. クライアント企業の聞き取り
  2. 共同チーム作り
  3. 企画・提案
  4. 広告運用開始
  5. 結果分析
  6. 新しい企画へ

まずは、クライアント企業の抱える課題を聞き取り、専門スタッフとどのようなプランで進めるのかを決めていきます。このときに共同チームを作り、アカウントプランナーは進行を管理します。

提案した企画や計画が決まり、クライアント企業の承諾が得られれば受注決定・運用開始です。掲載した広告がターゲット層にはまっているか、興味や購買につながっているかなどを分析します。

改善が必要になれば再プランを考え、再度専門スタッフと連携を取り次の戦略を練るという流れです。また分析結果だけでなく、ほかの成功事例などを提示しクライアント企業へ進捗や報告を行うことも業務に含まれています。

アカウントプランナーに必要なスキル

アカウントプランナーは、クライアント企業の商品やサービスの販売促進や企画提案など、幅広く業務に携わります。ときには、総合的な進行管理などを任される場合もあるでしょう。

そのため、アカウントプランナーには以下のスキルが必要です。

  • 広告やマーケティングに関する知識
  • 企画・提案力
  • コミュニケーション能力
  • 日程やスケジュールの管理スキル

ただし上記のスキルもうまく活用できなければ、広告主やクライアント企業から信頼を得ることは難しいでしょう。

広告やマーケティングに関する知識

アカウントプランナーは、まず、広告に関することに興味を持つことが大切です。公告に関する知識が少ないと、クライアント企業に企画を提案することは難しいでしょう。

一口に広告といっても、テレビやインターネット、新聞など多様なメディアがあります。それらの特徴と企業の商品やサービスがうまくマッチし、広告の効果が出なければなりません。

インターネットで広告運用する場合、ウェブマーケティングに関する知識も必要です。常にリサーチして最適な提案ができるように、広告やマーケティングに興味を持ち、幅広い知識を蓄えることが必須です。

企画・提案力

アカウントプランナーは、クライアント企業の課題や要望の聞き取りをし、具体的な戦略を企画としてまとめ、提案しなければなりません。

どれほど提案内容が良くても、提案する力が乏しければクライアント企業や広告主に伝わらないため、論理的に伝える能力も必要です。

コミュニケーション能力

アカウントプランナーは、クライアント企業だけでなく、広告運用に関わる専門スタッフと頻繁に打合せをするため、幅広いコミュニケーション能力は必須です。また、クライアント企業の要望を聞くヒアリング力も必要となります。

日程やスケジュールの管理スキル

アカウントプランナーには、進行管理まで任されている方もいます。広告制作スタッフやデザイナーなど、多様な職種と連携して仕事を進めていくため、日程やスケジュールの管理スキルが必要です。クライアント企業や専門スタッフと、同じ認識で進行していけるように調整しなければなりません。

アカウントプランナーは未経験でもなれる?

アカウントプランナーは未経験者で募集している企業もあり、未経験者でも始めることができます。

しかしアカウントプランナーはコミュニケーションスキルが重要なため、他業種でも営業職や接客業、法人営業の経験者が歓迎されるでしょう。

未経験の方は広告業の知識を増やし、先に紹介したアカウントプランナーに必要なスキルを会得しなければなりません。

まとめ

この記事では、アカウントプランナーの業務内容と仕事の流れ・必要なスキルを解説しました。アカウントプランナーは、広告主の要望やクライアント企業の課題を聞き取り、企画・提案する仕事です。広告を出稿する取引先企業の信頼を勝ち取ることが重要なので、専門スタッフと連携し、広告効果を得られるまで何度でも戦略を提案することが大切です。

人を巻き込みつつ責任ある仕事に取り組みたい方や、接客業・営業職の経験を活かして活躍したい方は、アカウントプランナーへの転職を検討してみてはいかがでしょうか。

監修者・座間 智也

座間 智也

原宿で美容師 ⇒ リーフラス株式会社 ⇒ 株式会社スポーツフィールド
サッカー選手になる夢を断念し、美容師からキャリアをスタート、2社目では当時史上最短の入社8ヶ月でリーダー昇格、3年目の25歳で当時社員600名弱の会社で支店長として従事。その後、人材紹介会社へ転職し、入社4年で東日本エリアのマネージャーとして6拠点のマネジメントを経験。現在は個人として4つの事業運営を行いながら、Izul でキャリアアドバイザーとして従事。

著者プロフィール

Izul広報チーム

Izul広報チーム

株式会社Izulの広報チームが運用。20代〜30代の若手ハイクラス層から、圧倒的支持を獲得中。働き方や転職のコツなど、キャリアに役立つ情報を発信していきます。

Twitter

Facebook

LINE

CATEGORY