アウトプットとは?実践するメリットやビジネスへの活かし方、スキルを高める方法を解説

2022年12月6日

2022年12月5日

著者

Izul広報チーム

Izul広報チーム

ビジネスの現場においてよく耳にする「アウトプット」という言葉。なんとなく意味は分かっても、詳しい意味までは理解できていない方も多いのではないでしょうか。アウトプットは経験や学びから得た知識を、今後の発言や行動に反映させることです。アウトプットには知識が定着しやすくなったり、人に教えるスキルが向上したりとさまざまなメリットが存在します。
本記事では、アウトプットの概要やメリット、実践方法や成功のコツなどを紹介します。アウトプットを通じて得た知識を定着させて、今後の行動や発言に活かしましょう。

アウトプットとは

アウトプットとは経験や学びから得た知識を、今後の発言や行動に反映させることです。ビジネスにおいては「講義動画を見た後に知識をアウトプットする」「アウトプットの質を高める」といった表現として用いられます。

アウトプットとインプットは表裏一体

インプットはアウトプットの対義語で、ビジネスにおいては「知識を習得すること」を意味します。以下の行動が、インプットに該当します。

  • 本を読む
  • YouTubeやSNSで情報を得る
  • 講演会で話を聞く

インプットは実施しているものの、アウトプットができていない社会人は多く存在します。さまざまな知識をインプットしても、アウトプットしなければ知識は定着しません。また知識をインプットしなければ、そもそもアウトプットの土台を作れません。インプットとアウトプットは、それぞれ異なる意味をもつ行動です。しかし、どちらか一方が欠けてしまってはビジネスにおける成功につながりません

アウトカムとの違い

アウトカムとは、アウトプットした結果、得られた成果を意味する言葉です。アウトプットが行動を指すのに対して、アウトカムは行動によって得られた成果を指します。具体的にはブログでの発信がアウトプットであれば、ブログを書くことで得た成果や成長がアウトカムです。

アウトプットを実践するメリット

最近では、アウトプットを最適化するための方法に関する書籍や動画も出ています。そもそもなぜアウトプットが重要なのでしょうか。本章では、アウトプットを実践するメリットを紹介します。

人に教えるスキルが向上する

アウトプットを実践すれば、ビジネスパーソンに求められる「人に教える」スキルが向上します。プレゼンやプロジェクトメンバーとの話し合いが発生する場面もあるでしょう。これらの場面でわかりやすい説明ができなければ、自身・会社が求める成果から遠ざかってしまいます。また管理職になった場合、部下にスキルや技術を教える場面が増えます。人に教えるスキルが備わっていなければ、部下も育たず会社の成果も上がりません。

知識が定着しやすい

学生の頃「自分だけで暗記した数学の問題の解き方は覚えていなかったのに、友達に教えた解き方はよく覚えていた」という経験がある方もいるのではないでしょうか。ビジネスにおいても同様で、メモやSNSでの発信を通じたアウトプットにより思考が整理され、知識がより定着しやすくなります。

自分の成長に気づいてやる気が出る

アウトプットを通して知識やできることが増え、自分の成長に気づけば、やる気や自信が自然に湧いてきます。またアウトプットを通じて部下に感謝されれば、自分が認められたような感覚になり、モチベーションアップにつながるでしょう。

インプットも効率的に行える

アウトプットを徹底することで、インプットの効率が上がります。例えばテストが目前に迫った状態で歴史を勉強するのと、何気なく見るテレビの歴史番組では、前者の方がインプットへの意識が高いといえます。
上記の例は、ビジネスでも同様です。書籍の内容をインプットした後に、部下への教育に活かすことを例に挙げましょう。書籍の内容を自社の業務に置き換えたり、部下の特性に合わせた文体に変えたりして、適切な教育内容へとブラッシュアップするでしょう。部下へのアウトプットを意識したインプットは、より実践的なアウトプットにつながります。ブラッシュアップを意識したインプットにより、自身に知識が定着しやすくなる効果も期待できます。

アウトプットを実践する方法

さまざまなメリットがあるアウトプットは、どのように実践すればよいのでしょうか。アウトプットを実践する方法を3つ紹介します。

学んだ知識・スキルを使って行動に移す

知識やスキルを吸収しただけでは意味がありません。知識やスキルを使いこなせるようになることで、初めて知識を吸収した恩恵を受けられるのです。
例えば、以下のイメージです。

  • 仕事効率化に関する本でパソコンのショートカットを学んだあとは、次の日の仕事からマウスを使うのではなくショートカットを使ってみる
  • 上司からミスを指摘されたのであれば、ミスが発生した原因と対策を考えて、次の仕事から対策を実践する

アウトプットを通じて知識やスキルを習得した後は、すぐに実践することがおすすめです。

ブログやSNS等で積極的に発信する

ブログやSNSを通じて、日々学んだ知識を文字に起こす行動もアウトプットのひとつです。文字にする過程で思考が整理されるため、記憶の定着が期待できます。また、文章をブログやSNSなどで公開できる状態にしておけば、自身の文章に対する責任感が生まれます。結果、よりよい情報を読者に届けるために、インプットへの意識がより高くなるでしょう。

誰かに口頭で情報を伝えてみる

文字に起こす行程が面倒だと感じる方は、学んだ知識を口頭で伝えることがおすすめです。学生時代、「友達に教えた問題の解き方はよく覚えていたのに、自分1人で暗記した解き方は覚えていなかった」という経験をした方も多いのではないでしょうか。この経験から分かるように、人に話せば知識が定着しやすくなります。教えられた側は知識をインプットできて、教えた側は記憶が定着するという、双方にメリットのある関係を築くことが大切です。

アウトプットを上達させる3つのコツ

アウトプットしようとしても、知識が定着しなかったり、そもそもアウトプットの時間がなかったりする場合があります。まずはアウトプットの目的を明確にして、メモをとる程度のアウトプットから始めてみると成功しやすいでしょう。

まずはメモ程度で小さく始める

アウトプットに割く時間がない方や、アウトプットをしたことがない方はメモをとることから始めましょう。ブログやSNSでの発信は、経験のない方や忙しい方にとってはハードルが高いでしょう。しかしメモ程度であれば、時間や労力をかけずにアウトプットできます。メモをとる際は、聞いた情報をそのまま書き留めるのでは意味がありません。今後の行動に活かせるように整理しながら書くと知識が定着しやすくなるでしょう。

アウトプットの目的を明確化する

アウトプットの目的が明確になれば、より自然にアウトプットを実施できます。以下のパターンをイメージするとわかりやすいかもしれません。

  • オンライン英会話:将来海外でも働けるようになるために、まずは日常会話をマスターする
  • 仕事効率化の本を読む:この本を読んだ後に残業を最低でも30分短縮する

アウトプットの目的が明らかになれば、目的を達成するために知識を吸収したり、実践したりしやすくなります。

誰かに教えることを意識してインプットする

誰かに教えることを意識すれば、インプットの質は自然に高くなります。ただ闇雲にインプットするのではなく、自分や他人に伝えなくてはならないというハードルを用意しておくことが大切です。もちろん実際に他人に教えることで、より大きな成長が見込めます。誰かに教えることを意識するだけでも、インプットの質は高まるでしょう。

まとめ

人に教えるスキルが向上したり、知識は定着しやすくなったりとさまざまなメリットがあるアウトプット。学んだスキルや知識を使って行動に移すほか、ブログやSNSなどで積極的に配信することでアウトプットを実践できます。これまでアウトプットしたことがない方や、そもそもアウトプットに割ける時間がない方はメモをとることから始めるとよいでしょう。ただ聞いた情報を書き留めるのではなく、今後行動しやすいように整理しておくとより知識が定着しやすくなります。

監修者・續 慶一

續 慶一

同志社大学を卒業後、教員兼某大学サッカー部監督を経て、大手外資系金融機関へ転職。その後、国内大手人材会社の人事を経て、起業。現在は人事コンサルティング、採用コンサルティングを自身が経営する会社で行いつつ、株式会社Izulには1人目の社員として入社し、現在は執行役員として従事。また九州大学の起業部にて事務局長を務める。
現在は、急成長のベンチャー企業、第二創業期に入っている企業など、様々な企業の役員や人事責任者とやりとりを行いコネクションを築いており、また自らキャリアセミナーや人事交流会などを積極的に開催しております。

著者プロフィール

Izul広報チーム

Izul広報チーム

株式会社Izulの広報チームが運用。20代〜30代の若手ハイクラス層から、圧倒的支持を獲得中。働き方や転職のコツなど、キャリアに役立つ情報を発信していきます。

Twitter

Facebook

LINE