他社エージェントではありえない“圧巻の自己分析量”と“圧倒的な伴走”で見つけた『自分の強み』を活かして、理想の転職ができました!

2020年12月3日

2022年8月9日

著者

Izul広報チーム

Izul広報チーム

圧倒的な伴走を心がけてキャリア相談・支援を行なっている弊社・株式会社Izul(イズル)を通じて、転職活動に成功した方に『弊社を利用した感想は?』『担当エージェントはどう?』と本音で語ってもらう転職者様インタビュー。

今回は相談者・求職者の方から『圧倒的伴走だった』と定評がある江部 臨太郎(えべ りんたろう)さんがキャリア支援を担当したSさんにお話を伺ってみました!

Sさんはご自身も新卒で人材エージェントの会社に入社、元々同じエージェント業界にいたからこそ『同業者として見る目が厳しい』のが事実ですよね……。弊社を利用した感想をズバリ本音で語っていただきました!

目次

まずは、臨太郎さんとSさんの出会いを教えてください!

Sさん

僕も元々はイズルさんと同じ人材系のエージェント会社にいたのですが、自分自身を自己分析するのが苦手なので、エージェントにお願いをしてバイアスがかからないように自己分析をしてもらいたいと思っていました。

ちょうど仕事で悩んでいたこともあり、求人サイトに登録をして、そこでスカウトメールをくれたのが臨太郎さんです。

江部
江部さん

Sさんの登録情報を見て、キャリアの内容はもちろんですが、僕と同郷の大学ということもあり親近感が芽生えて(笑)スカウトメールを送りました。

Sさん

実は他にもたくさんのエージェントからスカウトメールをもらっていたのですが、臨太郎さんからのメールだけは『最初から紹介はしません』『伴走していきます』というスタンスで明らかに他のエージェントと違っていたので『面白いな。この人に相談してみたい』と惹かれましたね。

江部
江部さん

話を聞いていくうちに、Sさんはめちゃくちゃ頑張っているのに報われていない状態で、今後のキャリアの先が見えない状態だと分かり、是が非でも支援したいなと思いました。

実際の支援はどのような感じでしたか?

Sさん

とにかく自己分析が凄かったです。自己分析だけで3~4回、納得がいくまでとことん付き合ってくれました。自分も元エージェント業界にいたのですが、これははっきり言って『ありえない量』です。

江部
江部さん

はい、僕もありえないと思います(笑)。自己分析は本当に大切で、ここが腹落ちしないと先に進めないんですよね。今まで支援させていただいた方の中にも、徹底的に自己分析した結果『転職じゃないね。現職でこういう風にしよう』もある。なので、僕は自己分析という前工程はかなり重視しています。

Sさん

実は臨太郎さんに会う前にいくつか会社を受けたのですが、自己分析がままならない状態で受けたので、見事に全てお見送りになりました! 自分が本当に望んでいるキャリア、価値観を臨太郎さんが一緒にサポートして突き止めてくれたという感覚があります。

江部
江部さん

Sさんの場合は、強みはたくさんあるけれど、強みがありすぎて散らかっていたものを一緒に整理しながらまとめて『大きな強み』に変えていきましたよね! 

Sさん

そこまで掘り下げるのは本当に凄いと思うのですが、幼少期から細かく整理して自己分析をしていきました。

江部
江部さん

小さい頃からピアノ、公文、空手、水泳教室、体操教室……とたくさんの習い事をしていて、全てそれなりに70点が取れるタイプなので、複数のことを同時に、しかもそれなりにできるという幼少期でしたよね。

Sさん

色々なことを同時にやって、それぞれに脳味噌を使っている感覚が好きなんだってことも分かりました。だから前職でも、商品企画プラン、後輩のマネージメント、人事など複数のことを意欲的にやれたんだなって。

江部
江部さん

しかもそれなりに、全てにおいて成果を出せているのが強みです。小学校高学年からは、お母様の『勉強しなさい』によって習い事を全て辞めさせられて、勉強への反発心もあり辛かったですよね。

その後、大学で自由になると、新たにブレイクダンスにチャレンジし非公認だったサークルを公認サークルに押し上げたり、バイト先の焼き鳥屋ではキッチン・ホール以外にマーケティング活動にも注力したり、ゼミの活動も精力的に取り組んだり……と同時進行で色々なことにチャレンジして楽しんでいて、Sさんは本当にマルチタスク派です(笑)。

Sさん

はい! 僕は臨太郎さんと自己分析をするまでは『色々なことに手を出して中途半端。散らかっている』ということが弱点だと思っていて、ある意味オール70点コンプレックスがあった。でも臨太郎さんのおかげで『複数のことを同時進行して、70点の結果を出せるのが強み』と前向きに。弱点を強みに変えることができました。今後のキャリアをつくる上でも役立てていける強みだなと思います!

その自己分析から進むべきキャリアを考えていったのですか?

江部
江部さん

Sさんはひとつのことに没頭するよりも、ある程度の裁量権がある組織で複数のことを同時にこなす方が向いているという主軸があります。そういった中で、前職は会社のやっていきたい方向性と彼の強みがリンクしない状態で、本来の持ち味を生かしきれていない……というギャップがありましたよね。

Sさん

ここでも『納得できる選択』をするために、何度も面談で話し合いをしていただけたのが心強かったですね。僕はこう思うけれど、どう思いますか? という感じでお互いに壁打ちできたので、本当にフラットな関係性の伴走者という感覚でした。

江部
江部さん

色々な会社を受けて一番Sさんにフィットする転職先を選んで欲しかったので『こういうところはどう?』と打診しながら、複数の会社を受けて決定権はSさんに委ねました。

Sさん

結果、一番行きたいと思っていた会社に内定が決まり、今年一番嬉しい出来事でしたね。赤飯を炊きました(笑)!

江部
江部さん

複数の会社を受けてみて、前職のように”論理的思考”で効率的に働こう!という感覚が強い会社よりも、もっと”想い”が起点となっているようなエモーショナルな社風の会社との相性が良いことも分かりましたよね!

Sさん

はい。いくつか会社を受けたことで、自己分析結果をもとにした理想のキャリアや価値観にフィットする会社を冷静に見極めることもできましたね。

臨太郎さんの支援だから突破(内定)できた……というのは本当ですか?

Sさん

実は内定をいただいた会社の応募条件が『法人営業経験5年以上』だったのですが、僕は法人営業経験3年程度なのに応募してくれました!

江部
江部さん

他のエージェントなら『条件を満たしていないと応募しない』が普通だと思うのですが、その会社とSさんの相性は良いと思っていたし(価値観や理念が合う)、過去の仕事の棚卸をしたら複数のことをこなしていて、実質『法人営業経験5年』くらいの価値はあると思ってチャレンジ応募しました。

Sさん

僕が元々いたエージェント企業ならありえない選択肢です(笑)。臨太郎さんに支援してもらえなかったら、エントリーすら難しかったなと思いますね。

江部
江部さん

なぜ会社が『5年以上の経験』を必須条件にしているのか、ものすごく考えました。結構考えて、その会社がサービスを導入したら終わりではなく、導入後に実際に使用し続けてもらえることを目的にしていたので、法人営業5年以上の経験を求めていたんですよね。でもSさんの経験上、お人柄も含めてそれができる人だと思って推薦しました。

Sさん

そういうバックヤードの部分まで見て応募してくれるから、臨太郎さんのことは信頼できますね。

臨太郎さんに支援をしてもらって一番良かったことは?

Sさん

ひとつだけ挙げるのは難しいです。たくさんありますが、3つに絞ると……

①決定権をつねに僕に与えてくれた

②納得するまで対策・面談をしてくれた

③ダメな時はどうしたら良くなるかヒントを与えてくれた

①決定権をつねに僕に与えてくれた
僕も元々同じ業界にいたのですが、エージェントは成果(内定後の入社)に対して報酬が発生するので、エージェント側がグリップして決定権を持っているケースも多いです。経験とスキルだけを見て、とにかく内定を決めたい……という感じ。でも臨太郎さんはつねに『どうしたい?』と僕に決定権を委ねてくれて、僕目線に寄り添ってくれました。

②納得するまで面接対策・面談をしてくれた
これは感動レベルでしたね。うまく話せていないな、アウトプットできていないな、しっくりこないな……と感じたら、臨太郎さんがそれをキャッチして、僕が納得できるまで面接対策・面談をしてくれました。面接対策・面談は30回くらい。何度も言いますが、他のエージェントではありえない回数ですよ、本当に(笑)。

江部
江部さん

納得できないと本番で良いパフォーマンスができるはずがないので。特に面接対策は練習の時点で100%以上にしておかないと! 徹底的に鬼コーチになりましたね(笑)。

Sさん

そこも良くて、他のエージェントさんは僕を『お客様扱い』して持ち上げてヨイショすることもあったのですが、臨太郎さんはいい意味で一刀両断でズバッと切ってくれるので、毎回成長できましたね(笑)。

あとは『Sさんだったらこれくらいはできるって知っているよ』とプレッシャーをかけてくれるので、頑張れましたね! 

③ダメな時はどうしたら良くなるかヒントを与えてくれた
もっとこういう風にしたらいいよ、とダメな時はヒントを与えてくれるのも助かりました。面接対策で僕は答える方向がズレる癖があるのですが、そこを臨太郎さんが戻してくれる。仕組みではなく、マンツーマンで伴走してくれる感覚がありました。

Sさん

臨太郎さんを前にして言うのは少し照れますが、僕が元々人材エージェントにいたときに理想としていた『仕組みではなく相手に合わせたオーダーメイドの伴走』をするというエージェントのあり方を体現している人が臨太郎さんです!

江部
江部さん

そう言ってもらえると、嬉しいです。なんか照れますね(笑)!

今後はどんな風に支援をしていきますか?

江部
江部さん

これからも壁にぶち当たったら遠慮なく相談してほしいですね。Sさんは仕事を一定量こなせる大きなエンジンは積んでいるタイプなのですが、道を間違えて遠回りしてしまうこともあるので(笑)遠回りは悪いことではないですが、軌道修正が必要なときは頼って欲しいですね。

Sさん

はい! 転職後も頼らせていただきます(笑)! あとは仕事の棚卸も他のエージェントはしない傾向ですが、臨太郎さんは自己分析同様にしっかり、これでもかって満足レベルでやってくれました。

江部
江部さん

仕事の棚卸を行う際には、今までの業績を細かくみていき、無意識に出していた結果をきちんと振り返り構造化する作業を行っています。

Sさんの場合は、動物的嗅覚が優れているというか、無意識レベルで筋の良い行動が出来ていて、周りを巻き込んでいくリーダーシップがあったので(たまに遠回りしたまま直進してしまうことも……!)、この能力を言語化することで、Sさんの仕事内容を明確な強みに変換していくことができました。転職後の企業ではSさんならではの動物的嗅覚と巻き込み力に加え、構造化ていく力を兼ね備えて活躍していただきたいですね!

Sさん

ありがとうございます! 僕は遠回りしたり、目先の収入や企業ブランド(キラキラ感)に惹かれてしまう部分があったのですが、臨太郎さんがきちんと地に足をつけさせてくれました! 本当の意味で価値観にフィットする転職ができたと思います。

あと臨太郎さん自身は”良い意味で”ジョブホッパー(転職を繰り返す人)なので(笑) 様々な仕事を経験されている分、広い視野で意見をもらえるので助かります! 転職後も相談させて頂きたいです。余談ですが信頼できるので、キャリアで悩んでいる僕の後輩にも臨太郎さんを紹介しました。

江部
江部さん

本当に有難いです! 転職後もSさんらしいキャリアを築いていくために一緒にサポートさせて頂きます!

Sさん

まさに圧倒的伴走でした(笑)。これからもよろしくお願いします!

この支援を担当した人

コンサルタント・江部 臨太郎

江部 臨太郎

前職はパーソルキャリア株式会社の新規事業開発室「Innovation Lab.」でサービス業向けのDXを行うバーティカルSaaS「Sync Up」の新規事業立ち上げにBizサイド1人目としてジョイン。SaaS型パイプラインセールスの基盤構築と事業拡大に貢献。その後、パーソルイノベーションに転籍し、同事業部で計2年間、社内スタートアップの "0→1" フェーズに携わる。現在はIzulの執行役員として事業全体の戦略推進担当を担いながら、キャリアアドバイザーチームのマネジメント、及び自身もプレイヤーとして活動中。同時に個人事業主として、住宅メーカーやインテリアショップなどtoC事業者に向けたコンサルティング業務に従事している。
前職以前の略歴としては、新卒でアパレルショップ「FREAK'S STORE」に入社し、4年勤務。顧客売上全国1位を達成し副店長に昇格後、うなぎ屋「のだや」に転職。ホール責任者として2年勤務し、1年間の無職期間を挟み、リクルートに入社。広告メディア「SUUMO」を取り扱う一気通貫型の法人営業に2年間従事し、在籍期間で合計6回の社内表彰を獲得。その後、前職パーソルにて新規事業に携わった後に、Izulの立ち上げに参画するなど異色の経歴を持つ。

転職するか迷っていても大丈夫。
まずはお気軽にご相談ください。

相談予約する

Izul公式サイトTOPへ

Twitter

Facebook

LINE