転職に関する不安の原因は?転職活動中・転職後に感じやすい不安と解消法を解説

2023年6月8日

2024年4月26日

著者

Izul広報チーム

Izul広報チーム

今いる企業から離れ、新たな企業に転職することに不安を感じる方も多いでしょう。しかし、なぜ転職活動に不安を感じるのか、原因が明確でない方もいるかもしれません。転職活動においては不安を感じる原因を把握し、対策を施すことが大切です。
今回は、転職活動で感じる主な不安の原因と、解消法について解説します。また、転職活動を終え、入社した後を想定した不安の原因・解消法も紹介します。転職活動を進めるうえでつきものの不安にいかにして向き合うかで、今後の動きや転職の成功確率が変動するかもしれません。本記事を参考に、転職活動の不安を払拭していきましょう。

転職活動で感じる不安の要因は?

ここでは、転職活動中に感じる不安の要因について解説します。

選考を通過できるか

そもそも選考を通過し、採用されるかどうかを不安に感じる方がほとんどではないでしょうか。採用試験や面接の内容、出来栄えによっては、内定可否の連絡が来るまで不安に押しつぶされそうになるでしょう。
また、複数回面接を実施する企業の場合だと「一次面接は通過できたが、二次面接・最終面接はどうなるかわからない」と自信をなくすこともあるでしょう。最終面接は役員や社長が実施することもあるため、緊張してしまうかもしれません。

内定まで進めるか

例えば書類選考と面接で採用可否が決まる企業の場合、書類選考に通っても面接で採用を見送られてしまうこともあります。
また、仮内定という形で採用が決まっても、企業側の事情によっては内定が取り消される場合もあります。「内定取り消し」という用語もあることから、珍しいことではないと認識している方も多いでしょう。何らかの原因で内定取り消しになるかもしれないと、言い知れぬ不安に苛まれる場合もあります。

年齢に問題がないか

自身の年齢がいわゆる新卒や第二新卒よりも高い場合、「年齢がネックになって採用に至らないのでは?」と不安に感じてしまう場合があります。
たとえ求人情報に記載されている年齢をクリアしていても「もっと若い人が受けていたら落ちるかもしれない」と心配になる場合もあるでしょう。もし年齢の観点で不安を感じるようであれば、年齢に関する明確な記載がない企業や、専門性のあるスキル・知識を求めている企業に特化してアプローチしてもいいでしょう。

条件に合う仕事があるか

自身の求める条件の仕事を見つけられるのか、転職活動を始める段階で不安に感じる方も多いでしょう。コロナ禍で働き方が変化した企業も多いため、自身のこれまで培った経験や働き方が通用するか自信が持てなくなることもあるでしょう。
また、前職と比較して「より良い条件」を求めるあまり、理想とする条件の企業に出会えない可能性もあります。「自身の希望に合う条件の企業はないのでは?」と、不安に感じるばかりか落ち込んでしまうこともあるでしょう。条件面を重視する場合も、まずは「すべての条件を満たす」ことの優先度を下げ、アプローチできる企業の選択肢を増やした方がいいかもしれません。

転職活動中の不安を解消する方法

転職活動中の不安は、先ほどあげた原因それぞれにしっかり向き合うことが大切です。

選考を通過できるように面接・試験対策を怠らないようにすることで、選考に関する不安は解消できるでしょう。内定取り消しに関しては、内定取り消しになるパターンや対策について、事前に調べておくと安心です。
年齢制限についての不安を解消するには、先ほども触れたように、年齢だけではなく適性や技術面などを重視する傾向のある企業に絞ってアプローチをかけましょう。年齢で落ちることはないと、ある程度確証を持てる企業がおすすめです。条件面に関しても先ほど触れた通り、本当に優先したい条件に絞って転職先を探すことで選択肢が広がります。
転職活動中の不安を解消するには、そもそも「なぜ不安に感じているのか」「何に不安を感じているのか」を客観視することが大切です。そのうえで、原因別にどうすべきかを考えて対策を講じていきましょう。

転職後に不安を感じる人も多い

転職活動中だけではなく、転職後にも不安を感じることがあります。主にどのような要因があるのか、以下で解説します。

自身の経験やスキルが活かせるか

転職したはいいものの、自身の経験・スキルをどのように活かすべきか悩んでしまうこともあるでしょう。技術面などを評価されて入社した場合は、特に感じやすい不安といえます。また、本当に自分のスキルにマッチする業務内容なのかは、入社して実際の業務に触れてみないとわかりません。求人情報に記載されていた条件と異なる業務を言い渡されるかもしれないと、不安になる場合もあります。

職場に馴染めるか

職場の雰囲気が自分と合うかも、多くの方が危惧することのひとつです。働きやすさに直結する内容でもあるため、特に気になる方は多いかもしれません。年齢層が同じくらいの人はいるのか、同僚と話が合うのか、上司は厳しくないかなど、実際に働き始めてみないとわからないことに不安を感じやすいといえます。

やりがいを感じられるか

実際に触れる業務が、自身にとってやりがいを感じられるものなのかは入社段階ではわかりません。やりがいを感じながら仕事をしたい方にとっては、不安につながる要因といえるでしょう。求人内容とギャップがある業務を言い渡されるパターンもあるため、やりがいを感じられるかどうかは早めに判断する方がいいかもしれません。

今後のキャリアが明確になるか

「ただ漠然とその日の業務をこなすだけ」と感じてしまう可能性もゼロではありません。今後のキャリアが明確にならないと、働くうえでのやりがいも感じられないでしょう。年齢や経験値なども含め、キャリアが明確にならないと焦ってしまう人も少なくありません。働きながらキャリア形成したい場合も、同様です。

転職後の不安を解消する方法

転職活動中の不安を解消する方法と同様、転職後に感じる不安の原因をそれぞれ理解し、自身にできることを実施していくことが大切です。
自身の経験・スキルを活かせるか不安なのであれば、上司やチームメンバーに対して積極的にアピールしましょう。「こんなことができる人材」と認識してもらうことで、自身の適性とギャップのない仕事を与えてもらえるかもしれません。
職場に馴染めるかが心配な場合も、自分から積極的にコミュニケーションをとることが大切です。自分から働きやすい人間関係を作ることで、これまでの経験やスキルを活かしやすい環境を構築できます。事前に自分が将来的にやりたいこと・貢献できることを客観的に整理しておくと、周囲とのコミュニケーションがより円滑にとれるようになります。その結果、やりがいを感じながら働けるようになります。
今後のキャリアについて不安に感じる方は、自身の培ってきた経験やスキルを活かして、より高い領域の仕事をしたいと考えている方がほとんどです。キャリアの不安を感じないようにするためには、キャリアステップについても入社前に確認しておく必要があります。

まとめ

今回は転職における不安について、転職活動中と転職後に分けて紹介しました。新しい職場環境に移ることになるため、さまざまな不安がつきまとうのは当然のことです。転職活動中・転職後のどちらも、原因を把握したうえで自分に適した対策をとることが大切です。働きやすさや理想のキャリア形成にもつながる重要な要素であるため、今回紹介した内容を今後に活かしてください。

監修者・齊藤 穂奈美

齊藤 穂奈美

株式会社日本アクセスで原料の調達・営業を担当→株式会社ファミリーマートへ出向し中食部門の商品担当として従事→出産を機に会社を退職。WEBクリエイターとして独立し、経営者の集客・広報全般をサポート。 現在はIzulで両面コンサルタントと広報を担当。プライベートでは2人の子を育てる母。

著者プロフィール

Izul広報チーム

Izul広報チーム

株式会社Izulの広報チームが運用。20代〜30代の若手ハイクラス層から、圧倒的支持を獲得中。働き方や転職のコツなど、キャリアに役立つ情報を発信していきます。

Twitter

Facebook

LINE