面接で緊張するのはなぜ?失敗しないための準備やポイントを解説

2023年2月15日

2023年2月14日

著者

Izul広報チーム

Izul広報チーム

面接は、少なからず緊張するものです。極度の緊張のせいで思うように実力を発揮できず、後悔が残る場合もあるかもしれません。大事な面接で失敗しないためには、なぜ緊張してしまうのか、どのような対策をすれば良いのか事前に知っておくことが大切です。今回は、面接で緊張してしまう理由や緊張しすぎないための準備、ポイントについて解説します。

面接で緊張してしまう理由

そもそも、失敗したくない大事な面接の場に限って緊張してしまうのはなぜなのでしょうか。緊張する原因を探り、メカニズムを理解するところから始めてみましょう。

結果が人生を左右するというプレッシャー

転職活動における面接で緊張してしまう理由として考えられるのは、プレッシャーの大きさです。選考の結果は、その後の人生に大きく関わります。そのため「絶対に失敗できない」という思いが強ければ強いほどプレッシャーが大きくなり、緊張を生み出してしまうのです。人生の転機であることは事実ですが、自分を過度に追い込むと本来の実力が発揮できなくなってしまいます。

初対面の面接官との受け答え

応募先の企業で面接対応をする面接官とは、その場で初めて顔を合わせることになります。初対面の人と話す時は多少なりとも緊張するものであり、それが面接であればなおさらです。面接会場となる会社も初めて足を踏み入れる場所なので、緊張感はさらに大きくなってしまいます。

落ちたらどうしようという不安

「落ちてしまったらどうしよう」「もし上手に受け答えできなかったらどうしよう」と、不安要素ばかりを思い浮かべてしまうことも緊張を誘発する原因です。ネガティブなイメージは、不安な感情をどんどん大きくしてしまいます。「ダメでもともと」とポジティブに構えられる人と比べても、不安要素や心配事ばかり考える人のほうが本番で緊張してしまうのです。

緊張した時の失敗例

実際の面接で強い緊張を感じてしまうとどのような失敗に繋がりやすいのか、具体的に解説します。緊張による失敗は自分だけではないと理解することで、ほんの少しでも楽な気持ちで本番に臨めるのではないでしょうか。

頭が真っ白になってしまう

面接前にどれだけ受け答えを練習していても、本番で緊張すると頭が真っ白になり、何も思い出せなくなってしまうことがあります。せっかく答えを用意していたのに、思い浮かばないまま面接が終わってしまうのはとても残念なことです。面接が終わって時間が経ってから「簡単なことだったのに、何を言おうとしていたかわからなくなってしまった」と後悔してしまいます。

声が震えてしまう

緊張のあまり声が震えてしまうのも、代表的な症状です。面接官は、多少の緊張感の有無よりも応募者の人となりや考えを知りたいものなので、少しぐらいの声の震えは問題ではありません。しかし、「ハキハキと話したいのに声が震えてしまう」と自分で感じると、次第に萎縮してしまいます。どんどん元気が無くなり、声が小さくなってしまうと「元気がない人だ」と思われて悪い印象を与えてしまうかもしれません。

体調が悪くなってしまう

極度の緊張により、体調を崩してしまうケースもあります。過呼吸や頭痛、吐き気などの強い症状が出てしまい、本来の実力をアピールできなかったり、面接そのものを続行できなくなってしまうかもしれません。前日からの緊張による睡眠不足が重なる場合もあります。体調管理は面接において欠かせない要素です。

面接で緊張しすぎないための準備

続いては、面接での緊張を少しでも軽減するために有効な対策を紹介します。落ち着いて本番に臨めるように、しっかりとチェックしてみてください。

面接の質問を想定して回答を考えておく

「どんな質問をされるんだろう」「どのように答えればいいんだろう」という不安を少しでも解消することで、本番での緊張感は軽減できます。そのために、前もって想定される質問を書き出し、その回答を考えておきましょう。知り合いに手伝ってもらい、模擬面接を行うこともおすすめです。入念な準備は自信に繋がり、面接官から見たあなたの印象も少なからず良いものになります。

丸暗記はしない

前項では回答を準備しておくというポイントをお伝えしましたが、回答を丸々暗記することは推奨できません。想いが込められていない暗記しただけの言葉は、相手の心を動かしにくいものです。また、緊張で暗記していた内容を思い出せないという事態を引き起こす可能性もあります。伝えるべき内容は事前に用意しつつ、その伝え方は面接官との会話の中で生み出すことが理想的です。自分の言葉を繋いで相手に伝えることを意識して練習してみましょう。

自分を大きく見せようとしない

どれだけ入社したいという気持ちが強くても、自分を大きく見せようとしてはいけません。転職における面接では「ありのままの自分を伝える」という意識が大切です。事実を誇張したり、聞こえのいい言葉ばかりを並べても、たくさんの求職者を相手にしている面接官には見抜かれてしまいます。自分を良く見せようとし過ぎないように注意しましょう。

企業研究を入念にしておく

面接では、企業のことをどれだけ調べているかを推し量るような質問も想定されます。その際に慌てること無く、熱意を持って答えられるように、企業の研究は入念に行いましょう。近年ではホームページを持っている企業が多く、インターネット上で企業の理念や代表の想い、事業内容などを調べることができます。十分に下調べしておくことで、自信を持って面接に挑めるようになります。

発声や笑顔の練習をしておく

面接本番では、普段よりも声は小さく、表情は固くなってしまうものです。いくら元気に受け答えをしようと考えていても、本番で全てを発揮できるものではありません。ハキハキとした発声や笑顔の作り方を事前に練習することで、面接官へ良い印象を与えられるようになります。

面接本番で緊張しないためのポイント

最後に、面接本番における緊張しないためのポイントを3つお伝えします。本番で実力を発揮するためにも、内容をしっかりと把握しておきましょう。

早口にならないようにゆっくりと話す

緊張感がある場では、無意識のうちに早口になってしまいがちです。自分が早口になっていることにも気づかず、相手に不快な印象を与えてしまうかもしれません。本番で受け答えをする際は普段よりもゆっくりと、面接官に大事な話を丁寧に伝える意識を心掛けましょう。ゆっくりと落ち着いて話すことで、次第に自分の感情もリラックスしていきます。

時間に余裕を持って行動する

「焦り」も緊張を生み出す要因となり得ます。面接当日は、何かトラブルが起きても落ち着いて対応できるくらい時間には余裕を持って行動しましょう。面接時間ギリギリに会社へ到着するようでは、心を落ち着かせる間も無いまま面接に臨まなければなりません。会場には早めに到着し、身だしなみを整えて一呼吸おいてから落ち着いて面接を受けるようにしましょう。

腹式呼吸を心がける

緊張感は、呼吸法だけでも和らげることが可能です。お腹を大きく膨らませながら息を吸い、履くときにはお腹をへこませる腹式呼吸がリラックスのためのコツです。深呼吸をして気持ちを落ち着かせ、お腹の底から声を出すことで過度な緊張を改善できるので、ぜひ試してみてください。

まとめ

転職活動を行う上で、採用面接は避けられない関門です。前もってできる限り対策をとることで、本来の実力を発揮できるようになります。成功に近づくためにも、緊張してしまう理由や対処法を覚えておきましょう。

監修者・片柳 時政

片柳 時政

株式会社リクルート→株式会社Wondershake→株式会社Izul
広告メディアの法人営業(年間表彰1回、月間・Q表彰12回)を経て、3年目にマネジメント職に昇進。その後、ベンチャー企業でWEBマーケティング・メディア運営を経験した後、Izulへ入社。両面コンサルタントとして、IT領域・広告領域・人材領域の企業を主に担当しながら、キャリアアドバイザーに従事。

著者プロフィール

Izul広報チーム

Izul広報チーム

株式会社Izulの広報チームが運用。20代〜30代の若手ハイクラス層から、圧倒的支持を獲得中。働き方や転職のコツなど、キャリアに役立つ情報を発信していきます。

Twitter

Facebook

LINE