Iターン転職とは?移住して働くメリットや成功させるポイント、転職先の探し方を解説

2023年5月28日

2023年5月7日

著者

Izul広報チーム

Izul広報チーム

都会に生まれ育ち、都会で働いた後に地方に転職するIターン。就業支援や子育てサポートを行う地方が増えていることもあり、近年大きな注目を集めています。しかし、Iターン転職を実現するうえで何を知っておくべきかわからず、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

今回は、Iターン転職のメリット・デメリットや成功させるためのポイントを紹介します。なお本記事後半では、Iターン転職先の探し方も解説しているので、地方の実際の求人を確認したい方もぜひご覧下さい。

Iターンとは

 Iターンとは都会に生まれ育ち、都会で働いたのちに地方に移住、転職することを指します。都会から地方にいく道筋がI字に見えることから、Iターンといわれるようになりました。

Uターンとの違い

Iターンと似た言葉にUターンがあります。Uターンとは地方で生まれ育った方が都会に就職し都会で働いた後に、再度生まれ故郷に帰り転職することです。

Uターンを検討・実行する主な理由としては、以下2つが挙げられます。

  • 自然が豊かな場所に住みたい
  • 家族や親戚が近くにいる安心な場所で働きたい

Jターンとの違い

JターンもIターンとよく定義が混同される言葉です。Jターンとは地方で生まれ育った方が都会で働いた後に、故郷とは異なる場所に移住して働くことを指します。

Jターンは主に、以下の場面で検討・実行される手法です。

  • 自然豊かな地方で働きたい
  • 故郷で自分にあった仕事が見つからない
  • 家族や親戚の近くに住むのが難しい

Iターン転職が注目される理由

Iターンが注目されている背景として、以下2つが挙げられます。

  • 都心で培ったスキルや経験を必要としている地方が多い
  • 就業支援を行う地方の企業が増えている

これまでも、旅行や出張などで訪れた地方の魅力に惹かれる方は一定数いましたが、就業支援を行う企業が少なかったため、地方移住に踏み出す方は少数でした。しかし最近では、就業支援を行う企業や企業家やフリーランスなどを歓迎する地方も増えているため、Iターンが活発になっています。

Iターン転職のメリット

Iターン転職をすると、通勤のストレスから解放される他、その地方ならではのサポートを受けられることもあるでしょう。ここでは、Iターン転職のメリットを3つ紹介します。

通勤のストレスから解放される

都心の会社に勤めている方のストレスの大きな要因が満員電車です。知らない人との密着や予想できない電車の遅延、閉鎖的な空間による不安感など、さまざまな要因が重なり大きなストレスになります。

満員電車のストレスから解放されるのは、地方で働く魅力のひとつです。通勤時間に電車に乗るとしても、都心レベルの満員電車は少ないでしょう。また地方では車で通勤する方も多いため、知らない人との密着や身動きが取れないことで受けるストレスが少なくなります。

子育てしやすい

都会では子どもを預けたくても、保育園が満員で預けられないといった待機児童問題が発生しています。地方は都会と比べて子どもの人口が少なく、自治体が積極的に保育園の数を増やしているため、子どもを預けやすい環境です。また、都会に比べてご近所付き合いも活発であるため、お隣さんに子どもの面倒を見てもらうことも場合によっては可能になります。

また、地方によっては子育て支援も行っています。具体的には、医療費の助成や公立学校の給食費の支援など種類はさまざまです。

地方のサポートを受けられる

先述した子育て支援の話にもつながりますが、地方によってはさまざまなサポートを提供しているところもあります。

サポート内容の一例は以下のようなものになります。

  • 定住すれば、無料で家がもらえる
  • 定住すれば家賃を補助してくれる
  • 地方移住で100万円がもらえる

地方によっては手厚いサポートが用意されているため、旅行や出張先で気になる場所があれば、サポート内容を調べてみるとよいでしょう。

Iターン転職のデメリット

メリットの豊富なIターン転職ですが、いくつかのデメリットが存在するのも事実です。ここでは、Iターン転職のデメリットを3つ紹介します。

求人が少なく希望の仕事に就けない可能性がある

当然ですが地方は都会に比べて求人数が少ないため、希望の仕事に就けない可能性があります。そのため、どうしてもその地方に移住したいのであれば、完全リモートで働ける都会の企業に勤めて移住するといった対策が必要です。

スキルアップしにくくなる

地方に比べると都会の方が最新の知識やノウハウが集まりやすいため、スキルアップのしやすさでは都会の企業には劣るでしょう。

たしかに、ネットの普及で情報格差が緩和されたとはいえ、都心限定のイベントや講演会は一定数存在するため、地方に比べると都会のほうがスキルアップに最適な環境といえます。

人間関係や生活の不自由さを感じやすい

地方はご近所付き合いが活発であるが故に、特定の方との関係が深くなるため、人間関係が煩わしいと感じる方には地方の人付き合いが負担に感じるでしょう。

また地方によっては移動手段が限られている他、商業施設が早く閉まり、病院なども少ない場合があります。人間関係と生活の不自由さは、移住初期の慣れないうちはデメリットに感じるかもしれません。

Iターン転職を成功させるには

Iターン転職を成功させるためには、どういったポイントを押さえれば良いのでしょうか。以降で詳しく解説します。

移住支援のある地方に引っ越す

先述したように、地方によっては定住すれば家がもらえたり、家賃を補助してくれる自治体もあります。まずは興味のある地方のサポートを調べて、支援が用意されているか確認すると良いでしょう。

経験・スキルを活かせる仕事を見つける

これまでの経験やスキルを活かせる仕事の方が、転職先はすぐ決まる傾向にあります。またスキルを活かせる仕事となると、転職先との給与交渉もスムーズに進むでしょう。

ただでさえ環境や周りの人間関係が変わり、ストレスが増える時期にさらに仕事も大きく変わると心理的負担が大きくなります。そのため、まずはIターン先の転職先を調べ、自分の経験やスキルが活かせる企業があるか確認することをおすすめします。

家族の意見にも耳を傾ける

家庭を持っている方は、家族の意見にも耳を傾ける必要があります。家族全員で移住するとなると、配偶者の人間関係や仕事場も変わり、子供も転校する必要が出てきます。

家族が納得していなければ幸せを実現するIターンとはかけ離れてしまうため、家族とは念入りに話し合って合意を得ましょう。

Iターン転職先の探し方

Iターン転職先を探す際は、以下の手段を利用することをおすすめします。

  • 市町村のホームページを確認する
  • Iターンフェアに参加する
  • 地方転職に強い求人サイトやエージェントを利用する

まとめ

希望の仕事に就けず、スキルアップがしにくい可能性もあるIターン転職。しかし、満員電車のストレスから解放され、地方特有のサポートを受けられるなど、さまざまなメリットがあるのも事実です。Iターン転職をする際は、移住支援や経験・スキルが活かせる仕事があるかを確認し、家族にも同意を得ましょう。実際にIターン転職先を探す際は、本記事で紹介した3つの方法を実践してください。

監修者・浦田 段

浦田 段

新卒で総合商社に入社。繊維部門で法人営業、政府の大型案件などを経験。その後HRスタートアップのミイダスで、新人賞、売上歴代ギネス記録、年間MVPなどを総ナメし4ヶ月で最短管理職昇格。売上26億円に貢献(4年で1600倍成長)し、Izulにジョイン。
現在は、Izulと並行してアグリテックベンチャー企業にも参画。

著者プロフィール

Izul広報チーム

Izul広報チーム

株式会社Izulの広報チームが運用。20代〜30代の若手ハイクラス層から、圧倒的支持を獲得中。働き方や転職のコツなど、キャリアに役立つ情報を発信していきます。

Twitter

Facebook

LINE