面接は練習が重要!練習のコツや練習不足によって起こる弊害を解説

2023年2月11日

2023年6月1日

著者

Izul広報チーム

Izul広報チーム

面接の内容は企業によって異なるため、事前に練習しないで臨む方も多いのではないでしょうか。しかし、面接の練習をしないまま当日を迎えると、思うように実力を発揮できず不採用になる可能性もあります。
今回は、面接の事前練習が必要な理由について解説します。面接の練習方法やポイント、練習をしないまま面接に挑む弊害についても紹介します。面接の事前練習に必要性を感じていない、もしくは練習しようにも何から始めるべきかわからないという方は、ぜひ本記事の内容を参考にしてください。

面接の練習が必要な理由とは

なぜ面接の練習が必要とされるのか、主な理由は以下の4点です。

  • 落ち着いた態度で本番に臨める
  • 自分自身の印象を客観的に確認できる
  • ほかの応募者と差をつけられる
  • 話し方や構成の欠点を解消できる

ここでは、面接の練習が必要とされる理由についてそれぞれ詳しく解説します。

落ち着いた態度で本番に臨める

事前に本番を想定した練習を進めておくことで、落ち着いた気持ちで面接当日を迎えられるでしょう。気持ちを冷静に保てるだけでなく、質問に対してよりスムーズに回答できるようになります。
質問の傾向に違いはあるものの、面接の大まかな流れはどの企業もある程度同じといえます。だからといってぶっつけ本番では、直前になって緊張してしまい思うようなパフォーマンスが発揮できないでしょう。自宅で数回練習しておくだけで、当日の心構えができます。

自分自身の印象を客観的に確認できる

面接練習を事前に実施しておくことで、自分の受け答えや話し方が客観的に見て問題ないかを確認できます。頭の中でイメージしている流れと、実際の面接とでは若干の差異が出ます。いざ声に出して回答しようとすると、イメージ通りにいかないこともあるでしょう。
事前に練習しておくことで、話す内容や身振り・手振りの改善点を把握できます。できれば録画し、動画を確認しながら改善点を絞り出す方法もおすすめです。

ほかの応募者と差をつけられる

冒頭でも触れたように、面接の流れや質問の内容は企業によって異なります。そのため、事前に練習しないで面接に臨む求職者も多いでしょう。しかし、いざ本番になって緊張してしまったり、思うような答え方ができない場合もあります。事前に練習しておくとこのような事態を回避できるため、練習せずに面接に臨む人と差をつけられるでしょう。

話し方や構成の欠点を解消できる

面接の練習を事前に実施しておくことで、自分ではわからなかった欠点に気付くことができます。録画したものを自分で確認しても問題ありませんが、できれば誰かに見てもらうことがおすすめです。第三者の意見に耳を傾け、どのような質問に対しても好印象につながる話し方や構成を心がけましょう。

面接の練習方法

ここでは面接の練習方法について、事前準備や一人での練習、複数人で練習する場合の観点で解説します。

事前準備のコツ

面接の練習を進める前に、面接におけるポイントを確認し、リストアップしておきましょう。リストアップすべき主な項目は以下の通りです。

  • 入退室のマナー
  • 姿勢
  • 身だしなみ
  • 自己紹介
  • 質問への回答

上記の項目ごとに何を準備すべきか、何を注意すべきかを事前に確認しておきましょう。

面接練習を一人で行う場合

一人で面接練習するメリットは、周囲の視線が気にならないという点です。ミスをしても何度でもやり直しできるため、スムーズに練習できるでしょう。一人で練習する場合は、話し方や身だしなみなどを客観的にチェックできるように、録画しておきましょう。

面接練習を複数人で行う場合

より実践に近い練習をしたい場合は、知人に頼んで面接官役をやってもらいましょう。実際の面接をイメージし、緊張感をもって臨むことが大切です。また、自分が面接官役になって練習するのもおすすめです。面接官の立場になって、自分の用意した回答が不適切なものではないか確認しましょう。

面接の練習で押さえておきたいポイント

ここでは、面接の練習において押さえておくべき主なポイントを紹介します。

「回数」ではなく「理解すること」を重視する

面接の練習は、何度も実施することが良いというわけではありません。たとえ回数を重ねても、自分の欠点や癖を発見できなければ効果がありません。反対に、練習の回数が少なくても、自身について客観視できれば問題ありません。あくまでも回数ではなく「質」が重要です。

入退室や姿勢なども練習しておく

事前準備の項目でも触れましたが、入退室や姿勢についても意識しておくことが大切です。入退室や姿勢に関しては、メモを残しておけるものではありません。そのため、多めに練習して自然な動作を身に着けておくことをおすすめします。

受け答えを丸暗記しないように注意する

同じような質問で練習を重ねていると、どうしても回答を覚えてしまいます。しかし、実際はどのような質問がくるか当日までわかりません。そのため、あくまで「回答例」と割り切って練習し、柔軟に対応できるよう、複数の質問や回答パターンを用意しておきましょう。

当日の身だしなみもチェックしておく

面接時の身だしなみが客観的に見て不備がないか、確認しておきましょう。髪型や服装などの基本的な項目はもちろん、表情なども事前に確認しておくことをおすすめします。自分だけで判断できない場合は、身だしなみを第三者にチェックしてもらいましょう、

練習をしないで面接に臨むとどうなる?

本番のみに集中し、面接の練習をしないとどのような弊害があるのか見てみましょう。

熱意が伝わらない

事前に練習しないと、企業に熱意が伝わらない場合があります。「こんな簡単な質問にも答えられないのか」と思われないように、基本的な質問に関する回答は最低限用意しておきましょう。

緊張して思うように話せない

いざ本番になると、面接会場の雰囲気にのまれてしまうかもしれません。あえて高圧的な態度で、求職者の対応力やストレス耐性をチェックする企業もあります。どのようなタイプの面接が実施されるか想定しておくことも含め、練習を重ねておくことで対応できるでしょう。

回答に一貫性がなくなる

基本的な質問と回答例を頭に入れるだけでは、説得力のある回答にはならないでしょう。質問の傾向を把握したうえで、自分に置き換えた回答ができるよう練習しておかなければなりません。回答に一貫性がないと、それだけでマイナス評価につながる可能性もあるため注意してください。

まとめ

今回は、面接の練習がなぜ重要なのか?その理由や練習方法について解説しました。
練習を事前に積み重ねておかないと、イレギュラーな質問や対応をされたときに思うような回答ができません。結果、準備不足や応用力のなさといったネガティブな印象につながってしまうでしょう。面接での印象は、採用の可否を左右する重要なポイントです。重要性を理解したうえで、採用につながることを前提とした練習を重ねましょう。

監修者・江部 臨太郎

江部 臨太郎

新卒からアパレルショップ「FREAK'S STORE」に4年勤務。顧客売上全国1位を達成し副店長に昇格後、うなぎ屋「のだや」に転職。ホール責任者として2年勤務し、1年間の無職期間を挟み、リクルートに入社。広告メディア「SUUMO」を取り扱う一気通貫型の法人営業に2年間従事し、在籍期間で合計6回の社内表彰を獲得。その後、転職サイトdodaなどを取り扱うパーソルキャリアの新規事業開発室「Innovation Lab.」に転職。サービス業向けのDXを行うバーティカルSaaS「Sync Up」の新規事業立ち上げにBizサイド1人目としてジョイン。SaaS型パイプラインセールスの基盤構築と事業拡大に貢献。その後、パーソルイノベーションに転籍し、同事業部で計2年間、社内スタートアップの "0→1" フェーズに携わり、現職へ。執行役員として人材紹介サービス「Izul」の立ち上げに参画。現在はIzulの事業全体の戦略推進担当を担いながら、キャリアアドバイザーチームのマネジメント、及び自身もプレイヤーとして活動中。同時に個人事業主として、住宅メーカーやインテリアショップなどtoC事業者に向けたコンサルティング業務に従事している。

著者プロフィール

Izul広報チーム

Izul広報チーム

株式会社Izulの広報チームが運用。20代〜30代の若手ハイクラス層から、圧倒的支持を獲得中。働き方や転職のコツなど、キャリアに役立つ情報を発信していきます。

転職するか迷っていても大丈夫。
まずはお気軽にご相談ください。

相談予約する

Izul公式サイトTOPへ

Twitter

Facebook

LINE