転職する人へ贈るメッセージはどうする?立場に応じた書き方と注意点を解説

2023年11月12日

2023年10月4日

著者

Izul広報チーム

Izul広報チーム

お世話になった上司や親しくしていた同僚が転職する際、個人的に送別のメッセージを贈ることも多いでしょう。感謝の気持ちを伝えるには、一般的な言葉だけでなく、自分の言葉で伝えることが大切です。この記事では、転職する人へメッセージを贈る際のポイントを解説しています。相手の立場に合わせた書き方も取り上げているので、お困りの際はぜひ取り入れてください。

転職する人へメッセージを贈る際のポイント

メッセージの書き方にルールはありませんが、いくつかのポイントを意識することで自分の気持ちをより伝えやすくなります。ここでは、転職する人へメッセージを贈る際の基本的な内容について解説します。

ねぎらいの言葉を入れる

転職する相手へメッセージを贈る場合、これまでのねぎらいの言葉から書き始めるとスムーズです。たとえば「今までお疲れさまでした」「大変お世話になりました」などのフレーズがよく使われています。ただし、メッセージの記入スペースが限られている場合、定番の挨拶だけで余白が埋まってしまうこともあります。相手との関係性に合わせて書き出しの言葉を考えるとよいでしょう。

相手に対する感想や感謝を伝える

送別のメッセージを贈る際に最も重要なのが、相手に対する感謝や感想を自分の言葉で伝えることです。今までにお世話になったことや思い出に残っていることなど、具体的なエピソードを取り入れるとより気持ちが伝わりやすくなります。業務で直接関わる機会が少なかった相手にメッセージを贈る場合は、立ち振る舞いなど日々の様子に注目するとよいでしょう。

相手の活躍や幸せを祈る内容を添える

メッセージの最後には「新天地でも体に気をつけて頑張ってください」「〇〇さんのさらなる活躍をお祈りしています」と、相手の活躍や幸せを祈る言葉で締めるとよいでしょう。転職後も関係を続けたい相手であれば「たまには連絡を取り合いましょう」と、今後を想定させる一言を添えることをおすすめします。

転職する人へメッセージを贈る際の注意点

心のこもったメッセージは基本的には喜ばれますが、内容によっては失礼な印象を与えかねません。ここでは、転職する人へメッセージを贈る際の注意点について解説します。

丁寧な言葉遣いを意識する

親しくしていた同僚や上司にメッセージを贈る場合でも、他の社員が見聞きする可能性がある場合はできるだけ丁寧な言葉遣いを意識することが大切です。あまりに砕けた言葉を使用すると、周囲から常識がないと思われてしまう恐れがあります。また「ご苦労さまでした」「頑張ってください」といったフレーズは目上の人に対して失礼にあたるため、注意してください。

ネガティブな表現を使わない

転職する人に対するメッセージではネガティブな表現を使わず、前向きに相手を送り出すことが大切です。たとえば「未経験で転職するのは大変だと思いますが」といった、転職を否定するような内容や「あの時のようなミスには気をつけてください」など、相手の仕事ぶりを咎めるような内容は避けましょう。その他にも「辞めないでほしい」など転職する相手を引き止めるようなフレーズはできるだけ使わないことをおすすめします。

NGワードに注意する

転職のように新たな門出を祝うシーンでは、縁起の悪い印象を与える言葉は避けるのがマナーです。代表的なものとして、以下のフレーズが挙げられます。

  • 死、苦
  • 落ちる、散る
  • 失う
  • 痛む
  • 朽ちる、倒れる
  • 衰える、老ける
  • 萎える

中には日常的に使用する言葉もありますが、取引先や上司に対しては失礼にあたるため十分注意してください。

本人が公表していない情報には触れない

転職する相手と親しい間柄でも、メッセージ上では本人が公表していない情報に触れないことがマナーです。たとえば、具体的な転職理由や転職先の企業名・業種などが該当します。職場で贈るメッセージは他の社員の目に触れる機会もあるため、個人的な内容は社外で個別に伝えることをおすすめします。

立場別のメッセージ例

ここでは、メッセージの書き方や注意点について相手の立場別に解説します。どのような内容を伝えればいいのか迷う方は、以下の内容をぜひ参考にしてください。

上司・先輩

親しい上司や先輩にメッセージを贈る場合は、これまでお世話になったことや感謝の気持ちを重点的に伝えるとよいでしょう。たとえば、上司や先輩のおかげで成長できたエピソードを文中に取り入れるのもおすすめです。相手と雑談ができる関係性であれば、今だから笑えるような失敗談を盛り込むとオリジナリティが生まれます。

同僚

同僚にメッセージを贈る場合は、常識の範囲であれば多少カジュアルな表現でも問題ありません。一緒に仕事をしてきた仲だからこそ共感できる思い出話や、クスっと笑えるようなエピソードを取り入れるのもよいでしょう。メッセージの締めには「これからもお互い頑張りましょう」と、相手の活躍を祈る言葉を添えると好印象です。

部下・後輩

親しい部下や後輩に対しては、あまり堅苦しくせずフランクな口調でメッセージを贈るとよいでしょう。相手の成長を褒めるエピソードなどを取り入れながら、先輩の立場から背中を押すようなつもりで言葉を考えると印象が良くなります。ただし、過去の失敗談をひけらかすなど、相手を貶めるような内容は避けてください。

取引先など外部の人

取引先など外部の人へメッセージを贈る際は、丁寧な言葉でこれまでお世話になった内容や感謝の気持ちを伝えるようにしてください。相手の役職や関係性によりますが、これまで一緒に行ってきた仕事に関するエピソードを取り入れるのもおすすめです。相手の転職先によっては今後も関係が続く可能性があるため、これからのお付き合いについても一言添えるのもよいでしょう。

転職する人にプレゼントを贈る場合は?

特に親しくしていた相手が転職する場合、メッセージと一緒にプレゼントを贈りたいという方も多いのでしょう。ここでは、転職する人にプレゼントを贈る際のポイントをシーン別に紹介します。

個人的に贈る場合

個人的にプレゼントを贈る場合、感謝の気持ちを伝えるだけでなく、できるだけ相手の負担にならないように考慮することが大切です。相手との関係性にもよりますが、1,000円程度の予算でお菓子・ボディケア用品・入浴剤といった消え物やちょっとしたオフィスグッズなどを贈るとよいでしょう。あまりに高価なプレゼントは、かえって気を遣わせる可能性があるため注意してください。

複数人で贈る場合

職場によっては、複数人でお金を出し合って1つのプレゼントを贈るケースも多く見られます。この場合、予算は3,000〜5,000円程度で検討するのが一般的です。ただし、相手が喜びそうなものが明確にわかっている場合は多少高価なものでも問題ありません。

まとめ

この記事では、転職する相手へメッセージを贈る際のポイントについて解説しました。送別のメッセージで最も重要なのは、相手に感謝を伝え、これからの門出を祝うことです。上司・同僚・部下など立場によって表現に違いがあるものの、具体的なエピソードを取り入れながら前向きな言葉で送り出しましょう。

監修者・矢木 麻織香

矢木 麻織香

全日本空輸株式会社→WEBデザイナーとして独立→株式会社Izul
青山学院大学 経営学部を卒業後、客室乗務員として国内線・国際線共に乗務し、ビジネスクラスのサービスも経験。WEB関連の副業をスタートし、その後、WEBデザイナーとして独立。
WEBデザインを通じて、さまざまなクライアントの集客サポートを行う。並行して、ベンチャー企業でのアプリの集客や新規事業の立ち上げにも従事。現在はIzulでキャリアアドバイザーを担当。

著者プロフィール

Izul広報チーム

Izul広報チーム

株式会社Izulの広報チームが運用。20代〜30代の若手ハイクラス層から、圧倒的支持を獲得中。働き方や転職のコツなど、キャリアに役立つ情報を発信していきます。

Twitter

Facebook

LINE