転職における引越しはいつがベスト?タイミング別に事前の確認ポイントを解説

2023年6月13日

2024年4月26日

著者

Izul広報チーム

Izul広報チーム

転職の際、引越しのタイミングに悩む方も多いのではないでしょうか。内定が出る前と後、あるいは働き始めてからなど、タイミング別の特徴について理解しておくことが大切です。また、タイミング別の引越しの流れもチェックしておきましょう。この記事では、転職における引越しのタイミング別の特徴や流れ、確認ポイントについて詳しく解説します。

転職における引越しのタイミングは?

転職における引越しのタイミングは、「内定が出る前・後」「働き始めてから」に分類できます。それぞれの特徴について詳しくみていきましょう。

内定が出る前

内定が出る前に引っ越すことは基本的に推奨できません。ただし、勤務地を絞って就職活動をしていたり、地方から出てきて都市部で転職先を探している場合は、先に引越した方がよい可能性があります。

内定が出る前に引っ越すことで、転職活動にかかる交通費や時間を軽減できます。ただし、家賃が交通費を大きく超えるのであれば、内定が出た後に引越した方がよいでしょう。

なお、内定が出る前に引っ越す場合、現職を退職してからになります。そのため、安定収入がないことを理由に賃貸物件の審査に通過しづらくなる可能性があることに注意が必要です。

内定が出た後

内定が出た後に引っ越すのであれば、無職を理由に入居を断られる心配は少ないでしょう。転職活動の交通費や時間の負担は大きいものの、転職の失敗によって再度引っ越すことになるリスクも軽減できます。

働き始めてから

内定はよほどの事情がない限り取り消されることはありません。しかし、実際に働き始めてからでなければ引っ越すのが心配な方もいるでしょう。働き始めてから引っ越す場合、仕事と引越しの準備に追われるため、大きな負担がかかります。また、現住所を会社に知らせていたにもかかわらず、入社後すぐ別の住所を伝えることになると、事務担当者に負担をかけてしまいます。

そのため、よほどの事情がない限りは内定が出る前か後に引越しましょう。

転職時に引越しする場合の確認ポイント

転職時に引越しする際は、次のポイントを確認しておきましょう。

社宅や寮の有無

社宅や寮は、一般の賃貸物件よりも家賃・敷金・礼金・原状回復費などの負担が少なくなります。そのため、社宅や寮の有無を企業の担当者に確認しておきましょう。内定が出る前に引っ越す場合は、企業のホームページに社宅や寮に関して記載されているかチェックしておくことが大切です。

転居費用の補助や利用条件

企業によっては、転居にかかる費用を補助しています。補助額や利用条件は企業によって異なるため、事前に確認しておきましょう。補助額が高くなればなるほどに月々の家賃負担が軽くなり、実質的に年収が増加します。例えば、家賃8万円が相場のエリアで家賃4万円の社宅を利用できれば、実質的に収入が年48万円増えたといえるでしょう。

内定前の引越しの流れ

ここでは、内定前の引越しの流れを詳しく解説します。

1:引越し先エリアの決定

内定前に引っ越すのであれば、まずは引越し先エリアを決めるべきです。希望業界の企業が集中しているエリアやアクセスしやすいエリアがおすすめです。ただし、家賃が高いエリアを選ぶと転職活動が長引いた際の金銭的負担が増加します。電車で比較的容易にアクセスできる範囲で、家賃が安いエリアを探してみてください。

2:転職活動

引越し先を探しながら転職活動を進めます。実際に転職活動を行うことで、アクセスや費用に関する気づきが生まれやすくなり、より良い物件が見つかる可能性が高まります。

3:引越し

引越しは選考途中や応募前の段階で実施します。転職活動と並行して行う場合は、時間や体力の問題でスムーズに進まない可能性もあるため、余裕のある計画を立てましょう。

4:内定

企業から内定が出ます。内定の段階では入社確定ではありませんが、よほどの事情がない限りは内定が取り消されることはありません。内定が出てから社宅や寮の説明を受けた場合は、利用条件次第では引越しを検討しましょう。

内定後の引越しの流れ

内定後に引越しする場合は、企業とのやり取りが必要です。どのような流れで引越しすることになるのか、詳しくみていきましょう。

1:引越し日の決定

内定後、実際に働き始めるまでの間に引越します。例えば、3月に内定が出て4月に入社する場合は、タイミング次第では十数日しか余裕がありません。内定が出たらすぐに物件を探して契約し、引越しの日程を決めましょう。

2:会社に日時を報告する

引越し日が決まったら会社に報告します。引越し後に住所が確定するため、事務手続きの観点から会社への報告が求められます。報告時期に指定はありませんが、引越し後2~3日以内には報告しましょう。

3:引越し

予定どおりに引越しできるよう準備を進めます。入社前に業務に関する学習が必要な場合、引越しと重なることで負担を感じるかもしれません。予定日に引っ越せるように余裕をもって準備しましょう。

4:完了報告・各種手続き

引越しの完了後は、その旨を会社に報告します。その後、会社から住所登録に関する手続きを求められるため、期限までに完了しましょう。また、住民票を移したり運転免許証の住所を変更したりと、さまざまな手続きが必要です。

すべての手続きが期限内に終わるように、計画的に進めなければなりません。土日休みの会社の場合は働き始めてから各種手続きを行うことが難しいため、働き始めるまでの間に完了しましょう。

転職に伴う引越しにかかる費用

転職の引越しにかかる費用は、家族の人数や荷物の量、距離などで大きく異なります。また、引越しの繁忙期である3月は割増料金になる業者が多い点に注意しましょう。

単身者で荷物が少なく、隣の県に引っ越すのであれば3~6万円程度が目安です。複数の業者から相見積もりを取り、もっとも条件が良い業者に依頼しましょう。

家族や友人に荷物の運搬を依頼するのもおすすめの方法です。大型家具や家電はトラックを借りて自分で運ぶことで、引越し費用を軽減できます。ただし、入社前の慌ただしいタイミングで自分で行うには大きな負担がかかるため、なるべく業者に依頼した方が良いでしょう。

まとめ

内定前の引っ越しは、転職先を探す地域が決まっており、交通費や時間を削減したい方におすすめです。一方で内定後の引っ越しは、転職活動に費やす交通費や時間の負担が大きいものの、職がないことを理由に入居を断られる心配がほとんどありません。双方の特徴を踏まえ、自身にとって最適なタイミングで引っ越しましょう。

監修者・眞山 裕介

眞山 裕介

新卒から30代前半までを主に大手不動産ディベロッパーにてキャリアを積み、特に商業不動産事業での管理運営・開発・リーシングへの知見が深い。
リクルート、パーソルキャリア、人材ベンチャーにて事業コンサル、人材コンサルとしても幅広い企業とのタッチポイントを持ち、一つに絞らないキャリア形成を自身の強みとしている。
その他の活動として、労組での役員や、JDLAの活動・勉強会への参画、大学の客員研究員、政治塾への参加、コーチング、パーソナルトレーナーなど、常に自身に刺激を与えつつ、変化と共に自身の成長をエンジョイし続ける。
変化をポジティブかつ可能な限り正確に選ぶことへの伴走を担うため、Izulへジョイン。

著者プロフィール

Izul広報チーム

Izul広報チーム

株式会社Izulの広報チームが運用。20代〜30代の若手ハイクラス層から、圧倒的支持を獲得中。働き方や転職のコツなど、キャリアに役立つ情報を発信していきます。

Twitter

Facebook

LINE