転職時に給与交渉はできる?成功のポイントと注意点を解説

2023年1月29日

2023年6月1日

著者

Izul広報チーム

Izul広報チーム

転職活動において気になるポイントのひとつが、内定後に提示される給与額です。転職でキャリアアップを目指している場合、「そもそも給与交渉はできるのか」「交渉するベストタイミングはいつ?」など、給与交渉の手順や進め方について頭を悩ませている方も多いはずです。

この記事では、転職で給与交渉をするタイミングや、成功させるポイント、交渉時の注意点を解説します。企業に悪い印象を持たれずに交渉するためにも、ぜひ参考にしてください。

転職で給与交渉はできる?

企業から内定後に提示された条件に不満がある場合は、面談時に給与交渉を行うこともできます。

スムーズに給与交渉を進めるには、まず自分にどのような経験・スキルがあるか、実績の洗い出しと整理を行っておくことが大切です。

「前職と比較して年収が低くなる」「役職・ポジションの相場に対して提示額が低い」など、明確な根拠を用意しておかないと、担当者を納得させるのが難しくなります。

給与交渉はマナー違反ではありませんが、いきなり給与交渉を行うと入社するかもしれない企業に悪いイメージを与えてしまう恐れがあります。交渉するタイミングや伝え方には細心の注意を払って行いましょう。

転職で給与交渉をするタイミング

転職で給与交渉をするタイミングは、内定後に行われるオファー面談時、または後が良いでしょう。内定承諾をする前段階であれば、給与交渉をしても問題ありません。

注意しておきたいことは、面接時に自分から給与交渉をしてしまうことです。面接時に具体的な給与額の質問・相談をしてしまうと、給与や待遇だけが目的の転職だと思われてしまう恐れがあります。

面接時に担当者から前職の給与・待遇に関する質問をされた場合は、「あくまでも転職理由のひとつである」と、具体的な条件等には触れない程度の回答に留めておきましょう。

オファー面談時の条件を聞いてから給与交渉をしても遅くはないので、面接時は自身の魅力やスキルを知ってもらうことに注力することが重要です。

転職における給与交渉の相場はどのくらい?

実際に給与交渉を行おうとしても、自身の市場価値や給与相場がわからなければ交渉は難しくなります。

給与交渉の相場は業種や職種によって大きく異なりますが、一般的に転職前の年収のプラス20%程度が上限です。月収であれば、提示された金額のプラス1~2万円が平均値になるでしょう。

給与交渉は現在の給与・経験・スキルだけでなく、転職先の規模や給与の基準(給与テーブル)にも影響されるため、事前にリサーチを徹底しておくことが重要になります。

たとえ自分の希望金額を提示しても、相場からかけ離れている場合は交渉がうまくいかないことも考えられます。前述した通り、提示金額の根拠を示さなければなりません。

転職エージェントを利用している場合は、あらかじめコンサルタントに自身の年収相場を聞いておきましょう。自分の市場価値がイメージしやすくなるので、給与交渉に成功する確率をより高めることができます。

転職時の給与交渉の進め方

転職時の給与交渉をうまく進めるためには、以下の3点を押さえておきましょう。

  • 伝え方のポイント
  • 給与交渉を行う状況
  • 給与交渉の切り出し方と例文

ここからは各項目で注意すべき点や、対面・電話・メールでの伝え方のポイントを解説します。

伝え方のポイント

給与交渉を行うときのポイントは、最初に感謝の気持ちを伝えてから交渉に持ち込むことです。

オファー面談時にいきなり給与交渉を切り出すと、担当者に悪い印象を与えてしまう可能性があります。まずは内定をもらったことに対する感謝を伝えつつ、自然な流れで給与交渉を切り出せるように工夫してみましょう。

また、希望の給与金額を提示する場合は、必ず明確な根拠とセットにして伝えることも重要です。具体的なデータや金額算出の根拠と合わせて交渉することで、しっかり考えたうえで誠実に交渉している印象を与えることができます。

給与交渉を行う状況

給与交渉を行う状況は、対面・電話・メールと3つの方法があります。それぞれの方法で交渉の進め方やリスクが異なるので、交渉前にしっかりと確認しておきましょう。

対面は最も交渉に適した方法で、相手の反応を伺いながら自然に会話できるのがメリットです。給与交渉はセンシティブな内容になるので、なるべく会話のキャッチボールがしやすい対面を選びましょう。オファー面談時に給与交渉を行う場合は、自然と対面で交渉を行う形になります。

電話による給与交渉は、対面面談が行えない場合に選ばれやすい方法です。オファー面談時に提示された金額が相場と合っているかわからず、回答を後日に持ち越した場合に行うことが多いです。通話では根拠や細かいニュアンスを伝えにくい場合があるので、ビデオ通話などで行うのが一般的です。

メールで給与交渉を行うのは稀なケースで、対面または電話による交渉ができない特殊な状況で使われる方法です。テキストによるコミュニケーションでは伝えられる情報量に限界があり、一方的な要求に感じ取られるリスクがあるので、極力避けたほうが賢明です。

給与交渉の切り出し方と例文

給与交渉を切り出す際は、できる限り簡潔に伝えるのがポイントです。下記に対面または電話の場合と、メールの例文を記載しているので、交渉時の参考にしてみてください。

【対面または電話で給与交渉する場合の例文】

対面や電話で交渉を行う場合は、本題に入る前にどれだけ話しやすい環境を作れるかがポイントになります。内定への感謝や入社への意欲などをできる限りアピールし、いざ本題に入ったときは簡潔かつ論理的に要望を伝えましょう。

この度は内定通知をいただき、誠にありがとうございます。

前向きに入社を検討しているのですが、給与についてご相談があります。労働条件通知書にご提示いただいた年収〇〇万円ですが、再度検討していただけないでしょうか。
前職での給与は〇〇万円あり、〇〇〇〇を経験しておりました。そこでの経験やスキルを御社の業務で十分活かせられると考えています。

つきましては、現在の給与と同等の金額を希望いたします。ご多忙の中、誠に恐れ入りますが、再考ご検討いただければ幸いです。

【メールで給与交渉をする場合の例文】

メールで給与交渉を行う場合は、悪い印象を与えないように細心の注意を払いながら条件を記載しましょう。文章のみだと冷たい印象を与えやすいため、できる限り対面もしくは電話で交渉を行うことを推奨します。

株式会社〇〇 人事部 △△様

お世話になっています。

この度は内定通知をいただき、誠にありがとうございます。
〇月〇日に面談をしていただきました〇〇と申します。

先日届きました労働条件通知書の内容を確認し、再考していただきたくご連絡いたしました。

年収〇〇万円とご提示いただきましたが、現在の年収〇〇万円を大きく下回っています。
大変恐縮ではございますが、再度ご検討いただけないでしょうか。

前職では〇〇〇〇といった実績を積んでまいりました。その経験と実績を活かし、貴社でも十分貢献できると考えております。

誠に勝手ではございますが、いま一度ご検討いただけますと幸いです。

また、本来は直接お伺いしてご相談するべきことではございますが、仕事の都合上日程が合わず、このような形でお伝えする失礼をお許しください。

何卒よろしくお願い申し上げます。

給与交渉を成功させるポイント

給与交渉するときは、具体的なデータや希望給与額の根拠を提示できるように準備しましょう。交渉をスムーズに進めるためにも、転職先の平均給与や年収はあらかじめ把握しておくことが大切です。

転職先の年収や給与テーブルを調べる方法は、求人情報・転職口コミサイト・公式ホームページなどを参考にすると良いでしょう。職種や業界でおおよその相場は決まっているため、転職先と同じ職種の年収相場も一緒に調べておくと伝えやすくなります。

給与額の目安を把握できれば、自分の経験・スキル・実績に見合う希望額であると説得しやすくなります。

未経験業種への転職でも給与交渉は可能?

未経験業種に転職する場合、給与交渉はしないほうが無難です。給与目安は前職年収や転職先の給与テーブルによって決まるため、未経験の場合は経験やスキルが蓄積されていないと判断されます。

同業種と比べて給与アップの交渉は難しくなるので、自身の給与希望額とかけ離れている場合は、現在の年収と同程度を希望するといった要望に留めておいたほうが良いでしょう。

給与交渉は転職エージェントを利用するのもおすすめ

自分で給与交渉することが難しい方は、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

転職エージェントに依頼したからといって必ず年収が上がるわけではありませんが、プロの目から見た自身の市場価値を把握できるうえ、希望条件に合った転職先を探してもらうことができます。

場合によっては、交渉自体を転職エージェントに任せることも可能です。転職時の給与交渉に悩んでいる方は、一度転職エージェントに相談して客観的なアドバイスをもらうと良いでしょう。

まとめ

この記事では、転職時に給与交渉をするタイミングや成功のポイント、注意点を解説しました。

給与交渉はマナー違反ではありませんが、伝え方やタイミングを間違えると転職先の企業に悪い印象を与えてしまいます。

給与交渉は内定後のオファー面談時に行い、自分の経験・スキルを的確にアピールしましょう。職種や業界の給与相場がスキルに見合っていれば、担当者を納得させられる可能性が高まります。

記事の内容を参考に要点を押さえて、ぜひ給与交渉を成功させてみてください。

監修者・座間 智也

座間 智也

原宿で美容師 ⇒ リーフラス株式会社 ⇒ 株式会社スポーツフィールド
サッカー選手になる夢を断念し、美容師からキャリアをスタート、2社目では当時史上最短の入社8ヶ月でリーダー昇格、3年目の25歳で当時社員600名弱の会社で支店長として従事。その後、人材紹介会社へ転職し、入社4年で東日本エリアのマネージャーとして6拠点のマネジメントを経験。現在は個人として4つの事業運営を行いながら、Izul でキャリアアドバイザーとして従事。

著者プロフィール

Izul広報チーム

Izul広報チーム

株式会社Izulの広報チームが運用。20代〜30代の若手ハイクラス層から、圧倒的支持を獲得中。働き方や転職のコツなど、キャリアに役立つ情報を発信していきます。

転職するか迷っていても大丈夫。
まずはお気軽にご相談ください。

相談予約する

Izul公式サイトTOPへ

Twitter

Facebook

LINE