転職におすすめのタイミングは?求められるスキルや注意点について解説

2023年5月18日

2023年6月1日

著者

Izul広報チーム

Izul広報チーム

今や転職は一般的となり、多くの人が経験しています。しかし、転職を考えている方の中には、どのタイミングで実行すべきか迷っている方も多いのではないでしょうか。この記事では、転職におすすめのタイミングや注意点について解説しています。転職を検討している方はぜひ参考にしてください。

転職におすすめのタイミングとは

ここでは、転職に適したタイミングを6つ解説します。転職を考えている方は、自分が置かれている状況と照らし合わせてみましょう。

社会人5〜6年目

転職を検討する時期の目安として、ある程度経験を積んだ社会人5〜6年目をおすすめします。新卒で入社した会社にも慣れ、一定のスキルも身についている場合がほとんどです。現在の能力を活かしてキャリアアップしやすく、今後のキャリアプランを考えるのにぴったりなタイミングといえるでしょう。

20代前半・第二新卒

入社した会社がブラック企業と呼ばれるような過酷な環境であったり、明らかに自分とは合わないことがはっきりしている場合は、第二新卒に当てはまるうちに転職するのもおすすめです。第二新卒としての入社なら、新卒と同じような研修を受けられる場合もあります。企業によっては「第二新卒枠」を設けているため、ぜひチェックしてみてください。

ボーナスを受け取ったあと

近いうちに転職を検討している場合は、ボーナスを受け取ったあとに退職することをおすすめします。転職先の入社日や締め日によっては、1ヶ月近くまとまったお金が手に入らないケースも少なくありません。転職によって引っ越しが必要になる場合でも、ボーナス分のお金があると安心です。

今後の昇給が期待できないと感じたとき

今の会社ではこれ以上給料が上がらないと感じたときも、転職を検討すべきタイミングの1つです。勤務年数や自分の能力に見合わない給料では、仕事に対するモチベーションも下がってしまいます。将来のことを考えた上で、昇給が期待できる会社へ早めに転職するとよいでしょう。

会社の将来性に不安を感じたとき

会社の将来性に不安を感じたときも、多くの人が転職を検討します。とくに業績が悪化し続けている場合、人員整理によってリストラされる前に自ら離職するケースも少なくありません。また、会社の方針転換によって本来自分がやりたかったことができなくなった場合も、別の会社へ目を向ける良いきっかけになるでしょう。

私生活の環境が変わる場合

結婚や引っ越しなど私生活の環境が大きく変わる場合も、転職を考えるきっかけになりやすいでしょう。環境の変化によって今まで通りの勤務時間では働きづらくなった・もっと安定した収入が必要、といった理由で、条件の合う会社に移るケースも多く存在しています。

転職時に求められる能力を年代別で紹介

転職時の年齢によって、企業から求められる能力は変化していきます。ここでは、年代ごとに押さえておきたいポイントを解説します。

20代

ひとくちに20代といっても、前半か後半によって求められる能力は異なります。20代前半のうちは未経験でも採用してもらいやすい傾向にあるため、職種に対する意欲や新しいことを学ぼうとする向上心が必要です。一方、20代後半の場合はある程度社会人経験を積んでいると判断されるため、自分で考えて行動する力が求められます。

30代

30代の転職では、業務に関する専門スキルや部下を指導するマネジメントスキルが求められるようになります。企業側は、30代の転職希望者に対して「即戦力として活躍してくれるかどうか」という目線で判断することがほとんどです。未経験の職種に転職したい場合は、これまで培った能力をどのように活かせるかをアピールする必要があります。

40代

40代以降の転職では、管理職や幹部候補としての求人が多くなります。そのため、20代・30代と比べて未経験での転職が難しい傾向にあります。40代では、これまでのスキルや経験だけでなく、人の上に立つ人材としてふさわしいかをチェックされます。「管理職としてふさわしくない」と判断されると、採用は遠ざかってしまう恐れがあります。

転職に適している人の特徴

ここでは、転職に適している人の特徴について解説しています。以下の項目に当てはまる場合は、転職を実行しても成功しやすいといえるでしょう。

今後のキャリアプランが明確

転職に適している人の特徴として、今後のキャリアプランが明確になっていることが挙げられます。「今の会社ではできない〇〇の分野に挑戦したい」といったように転職後のビジョンが鮮明に描けているならば、早めに行動することがおすすめです。このような場合、転職理由や志望動機を応募先にはっきりと伝えることができるため、採用につながる可能性も高くなります。

パワハラやいじめなどを受けている

今の職場でパワハラやいじめなどを受けている場合、いち早く転職して環境を変えることをおすすめします。周囲の目や収入面が気になることもあるかもしれませんが、ストレスにより体調を崩してしまっては元も子もありません。ただし、転職先の面接で転職理由を伝える際は、前の会社の愚痴になってしまわないよう注意してください。

今転職すべきではない人の特徴

上記の内容とは反対に、いったん転職を見直した方がいい人も存在します。ここでは、今転職すべきではない人の特徴を解説します。

転職する目的がはっきりしていない

転職する目的がはっきりしていない人は、自分の中で動機がはっきりするまで転職活動をストップすることをおすすめします。「周りが転職しているから」「何となく違う仕事に挑戦したいから」といったあいまいな理由で転職しても、新しい会社に対して満足できないことがほとんどです。転職を繰り返す原因にもなるため、「自分はなぜ転職したいのか?」をよく考えてから行動に移しましょう。

転職理由がネガティブなものしかない

転職理由が「給料が安い」「仕事が大変」などネガティブなものしかない場合も、転職する前に今の状況を見直す必要があります。別の業界・業種の条件が良さそうに見えても、実際に働いてみるとまた違った大変さが待っていることも少なくありません。「自分が今の仕事の何が不満なのか」「反対にどの部分は妥協できるのか」を考えた上で転職活動を進めることで、自分の不満を解消できる転職につながるでしょう。

転職活動時の注意点

ここでは、転職活動を進めるうえで気をつけたいポイントについて解説しています。以下の内容を抑えて、納得の行く転職を目指しましょう。

転職先の情報収集を欠かさずに行う

転職においては、転職先の情報収集を欠かさずに行うことが重要になります。求人票や企業のホームページだけでなく、転職口コミサイトをチェックしてみるなど、幅広い情報源から情報を集めることがおすすめです。未経験の業界へ転職する場合は、実際にその業界で働いている人から直接話を聞くのもよいでしょう。

在籍中の企業に迷惑をかけない

転職活動に力を入れることは大切ですが、在籍中の企業に迷惑をかけてしまわないよう注意してください。業務中に転職に関する情報収集を行う・面接のために頻繁に会社を休むなどといった行為は、業務に悪影響が出るだけでなく、他の人を不快な気分にする可能性があります。お世話になった会社には最後まで誠実に向き合うことで、円満退社にもつながります。

スムーズに退職できるように準備を進める

転職先が決まったらスムーズに転職できるよう、今の会社で早めに準備を進めておくとよいでしょう。遅くても1ヶ月前には退職することを会社に伝え、後任への引き継ぎをスタートさせるのをおすすめします。必要な資料があれば、あらかじめまとめておくと効率的です。
業務の引き継ぎとは?スムーズに進めるための手順やポイントを解説

まとめ

この記事では、転職におすすめのタイミングと転職時のポイントについて解説しました。転職に適した時期を見極めることも大切ですが、転職する目的と今後のキャリアプランについてしっかり考えることも重要になります。自分にとって最適な転職になるよう、慎重かつ冷静な行動を心がけましょう。

監修者・齊藤 穂奈美

齊藤 穂奈美

株式会社日本アクセスで原料の調達・営業を担当→株式会社ファミリーマートへ出向し中食部門の商品担当として従事→出産を機に会社を退職。WEBクリエイターとして独立し、経営者の集客・広報全般をサポート。 現在はIzulで両面コンサルタントと広報を担当。プライベートでは2人の子を育てる母。

著者プロフィール

Izul広報チーム

Izul広報チーム

株式会社Izulの広報チームが運用。20代〜30代の若手ハイクラス層から、圧倒的支持を獲得中。働き方や転職のコツなど、キャリアに役立つ情報を発信していきます。

転職するか迷っていても大丈夫。
まずはお気軽にご相談ください。

相談予約する

Izul公式サイトTOPへ

Twitter

Facebook

LINE