仮説検証とは?必要な理由や検証までの流れ、成功のポイントとフレームワークを紹介

2023年12月27日

2023年11月26日

著者

Izul広報チーム

Izul広報チーム

効果的な戦略を効率的に立てるためには、仮説検証が欠かせません。思い付きで戦略を立てると、失敗のリスクが高いうえに、効果が高い戦略が見つかるまでに時間がかかります。仮説検証を立てることで、データに基づいた現実的かつ効果的な戦略をスピーディーに立案できるでしょう。本記事では、仮説検証の方法や必要な理由、流れ、成功のポイントなどについて詳しく解説します。

仮説検証とは

仮説検証(Hypothesis Testing)は、科学的方法や論理的思考を用いて、特定の仮説が正しいかどうかを検証するプロセスのことです。例えば、「この事業では、この部分を追求することで利益が伸びるはずだ」「この事業は自社にとって親和性が高いため、成功する可能性が高いはずだ」といった仮説を立てます。この仮説は、科学的方法や論理的思考に基づいて立てる必要があります。

「こうなればいいのに」「こうなってほしい」といった「希望」ではなく、あくまでもデータや論理的思考に基づいて仮説を立て、それが正しいかどうかを検証します。仮説検証は1回で終わるものではなく、検証と改善を繰り返して、より精度が高い仮説を導き出すことが重要です。

仮説検証の目的について詳しく見ていきましょう。

仮説検証の目的

仮説検証によって、行き当たりばったりの行動ではなく、データや根拠に基づいた意思決定が可能になります。例えば、新たなアイデアや戦略を試す前に、その有効性や適切性を確認することで、失敗のリスクを最小限に抑え、コストやリソースの無駄な消費を防ぎます。

また、顧客のニーズや要求を高い精度で把握できるため、的確な提案やサービスの提供が可能になるでしょう。顧客の要求を満たすことで顧客満足度が高まり、企業の利益や安定性が向上します。

ビジネスにおいて仮説検証が必要な理由

経営においては投入できるコストや人員が限られているため、仮説検証はビジネスに必須な手法といわれています。仮説検証の有用性と必要な理由について詳しく見ていきましょう。

効率的に成功パターンを見つけるため

仮説検証は、あらかじめ仮説を立て、その仮説を検証することで、無駄な作業を防ぐ手法です。例えば、新商品を開発する際には、仮説を立ててその商品の需要や市場での受け入れがある程度予測できるようになると、売れない商品を開発するリスクを減らすことができます。

仮説検証を繰り返すことでビジネスの成功パターンを効率的に見つけることができるため、最小限のリソースとコストで最大の利益を得られるようになるでしょう。

課題解決の方法を早急に模索するため

課題解決に取り組む際は、仮説検証を繰り返すことが大切です。思い付きで課題解決方法を策定しても、精度が低いために無駄なリソースやコストがかかりかねません。仮説検証によって得た結果をもとに次の仮説を立てるサイクルを繰り返すことで、課題解決の方法が早く見つかるでしょう。

仮説検証の流れ

仮説検証の流れは、対象を明確化したうえで仮説を立て、データを収集して検証することです。ここからは仮説検証の流れについて詳しく見ていきましょう。

1:課題の洗い出し

達成すべき目標に対する課題をリストアップし、その背後にある要因や背景について考察します。関係者やチームメンバーの意見を収集し、多角的な視点から問題を理解することが大切です。

2:仮説を立てる

現状分析を基に、問題解決のための仮説を設定します。仮説は具体的で検証可能なものであることが重要です。単なる予想ではなく、データや客観的事実に基づいて、物事の関連性や影響を考えながら論理的に仮説を立てます。

3:データを収集する

仮説を検証するために必要なデータを収集します。ネットリサーチや市場調査、内部データの分析などを通じて、仮説を検証するための情報を集めます。データ収集の際には、信頼性が高い情報を得ることが重要です。

4:仮説を検証する

収集したデータを基に、立てた仮説を検証します。仮説のすべてを実践すると、仮説検証を繰り返すための時間が失われてしまうため、ある程度の段階まで実践して効果の有無や度合いを確認しましょう。

5:改善する

仮説検証で求める結果にならなかった場合は、その原因を分析して仮説を修正・改善します。原因もまた仮説であるため、必ずしも正しいとは限りません。なるべく多くのデータや事例を参照し、高い精度で改善案を策定しましょう。

6:検証結果を利用する

検証結果をチームや関係者と共有し、実践します。第三者の意見やフィードバックを受けることで、新たな視点や改善点が浮かび上がる可能性があります。この場合は、仮説検証のやり直しも検討しましょう。

仮説検証を成功させるポイント

仮説検証は繰り返すことで精度を高めていくものですが、方法を誤ると何度繰り返しても効果的な戦略は策定できません。

仮説検証を成功させるためには、次のポイントを押さえる必要があります。

仮説は具体的に立てる

仮説を具体的かつ明確な形で立てることが重要です。曖昧な表現や誤解を招く表現を避け、明瞭で確実な意味を持つ仮説を設定します。

例えば、商品の売上を増やす方法の仮説を立てる場合、「SNS広告の予算を増やす」のように曖昧なものではなく「SNSの予算を20%アップする」のように具体的な数値で示すことが大切です。

仮説検証に順序をつける

仮説検証のプロセスに順序をつけることが効果的です。最初に基本的な仮説から始め、さらに掘り下げていきます。

例えば、ある製品の売上アップに関する仮説を立てる場合、まずは製品が売れない理由・課題にフォーカスして仮説を立てます。その後、その課題が生じている原因を分析し、さらに具体的な仮説を導き出します。製品の売上アップには〇〇の課題解決が必要であり、〇〇の課題の要因は△△といった仮説を立てましょう。

仮説の性質に適した方法で検証する

仮説の性質に応じて、適切な方法で検証を行うことが重要です。仮説が数値のように定量的な要素に関するものであれば、データ分析や実験によって検証します。一方、仮説が定性的な要素に関するものであれば、アンケート調査やフィードバックの収集が有効でしょう。

検証結果を踏まえて修正する

仮説が正しくないことが判明した場合は、原因を分析し、新たな視点や情報を取り入れて仮説を修正します。検証結果をもとに改善・検証を繰り返してこそ精度が高まるため、仮説以外の要素を取り入れないことが大切です。例えば、根拠に乏しい情報を検証の材料に加えてしまうと、適切に改善できなくなります。

仮説検証で役立つフレームワーク

仮説検証にはフレームワークを利用することで、精度が高い課題解決策が早く見つかります。仮説検証の際は、次のフレームワークを活用しましょう。

ストーリーボード

ストーリーボードは、商品やサービスのアイデアやコンセプトを視覚的な形で表現するフレームワークです。イラストや画像、テキストを組み合わせて、ユーザー体験やシナリオを描き出します。

仮説やアイデアは、言葉よりも視覚的な要素の方が理解されやすいため、仮説検証の際は積極的に活用しましょう。

MVP

MVP(Minimum Viable Product)とは、「必要最低限の機能」を指す言葉です。必要最低限の機能以外をなるべくそぎ落とした製品やサービスのことを指します。顧客の要求やニーズを理解し、売れる要素はすべて含まれています。それでいて開発の効率が高まるため、製品やサービスをスピーディーに開発・提供するための手法として注目されています。

早期に顧客の手に届けられるため、顧客からのフィードバックを収集しやすくなります。このフィードバックを元に改善や修正を行うことで、製品やサービスを開発する方向性が見えてくるでしょう。

まとめ

仮説検証は、目標達成に必要な戦略を高い精度で立案するために役立てられる手法です。企業の競争に打ち勝つためには、仮説検証を早く確実に行う必要があります。方法を誤ると効果がない戦略を立ててしまい、無駄なコストやリソースを消費してしまいます。今回解説した内容を参考に、仮説検証を行いましょう。

監修者・矢木 麻織香

矢木 麻織香

全日本空輸株式会社→WEBデザイナーとして独立→株式会社Izul
青山学院大学 経営学部を卒業後、客室乗務員として国内線・国際線共に乗務し、ビジネスクラスのサービスも経験。WEB関連の副業をスタートし、その後、WEBデザイナーとして独立。
WEBデザインを通じて、さまざまなクライアントの集客サポートを行う。並行して、ベンチャー企業でのアプリの集客や新規事業の立ち上げにも従事。現在はIzulでキャリアアドバイザーを担当。

著者プロフィール

Izul広報チーム

Izul広報チーム

株式会社Izulの広報チームが運用。20代〜30代の若手ハイクラス層から、圧倒的支持を獲得中。働き方や転職のコツなど、キャリアに役立つ情報を発信していきます。

Twitter

Facebook

LINE