履歴書の折り方は二つ折りが基本!正しい折り方と封筒への入れ方を解説

2023年2月28日

著者

Izul広報チーム

Izul広報チーム

転職や就職に欠かせない履歴書には、正しい折り方があります。一般的なマナーを知っておくと、採用担当者に好印象を与えられるでしょう。この記事では、履歴書の正しい折り方から具体的な手順を解説します。

履歴書の正しい折り方とは

履歴書は記入面を外側にし、中心線で二つ折りにする折り方が正しいとされています。三つ折りや四つ折りは避けましょう。履歴書のサイズに応じて、A3であればA4サイズ、B4であればB5サイズに折るようにしてください。市販されている履歴書を使う場合、最初からついている折り目に沿って折れば正しい折り方になります。
最適なサイズの封筒がないからといって、小さく折りたたんで履歴書を送付することはマナー違反と見なされるため避けましょう。履歴書を準備している時から、相手への気遣いや配慮を意識してください。

履歴書の三つ折りがマナー違反とされる理由

履歴書の三つ折りがマナー違反とされている理由は、応募した企業の担当者の手間を増やしたり、扱いづらさにつながったりすることが根底にあります。ここでは、履歴書の三つ折りがマナー違反とされる理由の詳細を解説します。

折れ目の部分が読みにくい

履歴書の折り目を不必要に増やすと、折り目となった部分がすれたり、凸凹になったりと読みづらくなります。履歴書の記載内容はもちろん大切ですが、読みたくないと思われないように配慮することも重要です。採用担当者は複数ある履歴書に目を通すため、履歴書の三つ折りを避けるのは読み手の気持ちを考えたマナーといえるでしょう。

企業側が管理しにくい

一般的なビジネス文書は、A4サイズがほとんどです。複数の折り目があるとA4サイズではなくなり、扱いづらさや管理しにくさにつながります。「相手を気遣えない人」と履歴書の時点で思わせないように、三つ折りは控えましょう。

三つ折りが許容されるケースは?

アルバイト・パート用として販売されている履歴書においては、三つ折りが許容されています。このようなタイプの履歴書は、三つ折りを前提とした封筒が付属しているため、折っても問題ありません。三つ折りの履歴書を使用できる場面には、以下が挙げられます。

  • アルバイト・パートへの応募
  • 選考に関係せず、参考資料としての提示
  • 派遣・人材紹介企業への提出

しかしいずれの状況でも、三つ折りの履歴書は広げる手間がかかり読みにくいと感じる人もいることに留意しておきましょう。

履歴書の正しい折り方と封筒への入れ方

履歴書の正しい折り方と封筒への入れ方を、二つ折り・三つ折りに分けて解説します。あわせて、それぞれの折り方の履歴書を入れるのに適した封筒のサイズを紹介します。

二つ折りの場合

二つ折りの場合は、履歴書の端と端を合わせ、中心線で二つ折りになるよう軽く折ります。最後に定規などを使用して、強めに折り目をつければ完成です。
また履歴書を入れる封筒は、角形2号(角2)がちょうど良いサイズとなります。職務経歴書や送付状に関しては、A4サイズのものであれば折らずに入れても問題ありません。

三つ折りの場合

三つ折りの場合は、まず履歴書を二つ折りにしましょう。名前や証明写真が分かる面を表面にし、履歴書の上1/3を残して山折り、残りの2/3を谷折りにしましょう。横から見てアルファベットの「N」や「Z」のようになっていれば完成です。
履歴書を入れる封筒は、長形3号(長3)がちょうど良いサイズとなります。送付状は必須ではありませんが、同封する場合、一旦二つ折りにした履歴書に重ねてから三つ折りにしましょう。

履歴書を封筒に入れる際の注意点

折った履歴書を封筒に入れる際も注意が必要です。ここでは、郵送時・手渡しごとに意識しておきたいポイントをそれぞれ解説します。

クリアファイルに入れる

履歴書は、クリアファイルに入れてから封筒に入れましょう。また、読んでもらう順番に重ねることで気遣いが伝わります。
例えば、添状・履歴書・職務経歴書の順番に重ねてから折りたたむと、担当者が書類を開く手間を減らすことにつながります。郵送する場合は、雨で履歴書が破れるといったトラブルも回避できるでしょう。なおクリアファイルは、無色透明かつ傷・折れのないものを使いましょう。

手渡しの場合は添え状や封字は不要

履歴書を手渡しする場合は、添え状や封字(〆)は不要です。封筒の裏面に糊付けする必要もありません。糊付けした方が丁寧な印象につながりそうですが、すぐに取り出す書類を厳重に封をするのは失礼にあたります。
ただし履歴書を郵送する場合、添え状が必要となる点は注意が必要です。履歴書に添え状を同封する場合は、以下の記載内容を確認しておきましょう。

  • 日付
  • 宛名
  • 自分の連絡先と氏名
  • 前文
  • 応募の経緯
  • 志望動機・自己PR
  • 面接の申し込み
  • 結語
  • 同封書類の一覧

まとめ

履歴書の折り方には、正しい方法があります。折り方のマナーは相手への配慮が根底にあるため、実践することで好印象につながり印象を与えやすいでしょう。正しい折り方で履歴書を折り、履歴書を送る段階から相手への配慮や気遣いを示しながら求人への応募に臨みましょう。

監修者・片柳 時政

片柳 時政

株式会社リクルート→株式会社Wondershake→株式会社Izul
広告メディアの法人営業(年間表彰1回、月間・Q表彰12回)を経て、3年目にマネジメント職に昇進。その後、ベンチャー企業でWEBマーケティング・メディア運営を経験した後、Izulへ入社。両面コンサルタントとして、IT領域・広告領域・人材領域の企業を主に担当しながら、キャリアアドバイザーに従事。

著者プロフィール

Izul広報チーム

Izul広報チーム

株式会社Izulの広報チームが運用。20代〜30代の若手ハイクラス層から、圧倒的支持を獲得中。働き方や転職のコツなど、キャリアに役立つ情報を発信していきます。

Twitter

Facebook

LINE