転職の二次面接における注意点とは?よくある質問や評価ポイントを解説

2023年1月30日

著者

Izul広報チーム

Izul広報チーム

企業によっては、選考のフェーズを一次面接・二次面接と細かく区切っています。一次面接に通ったことで、安心感を持って二次面接に臨んでしまう場合もあるのではないでしょうか。しかし、一次面接に通ったからと油断していると、二次面接で採用を見送られる可能性もあります。
今回は、二次面接に臨むうえで押さえておきたい注意点を紹介します。二次面接で聞かれることの多い質問や通過するためのポイントなど、二次面接に関するさまざまな観点も紐解いていきます。二次面接での心構えについて知りたい方は、ぜひ本記事の内容を参考にしてください。

二次面接に臨むうえでの注意点

ここでは、二次面接における注意点をいくつか解説します。一次面接を前提としたポイントが多くなっていますので、覚えておきましょう。

一次面接の内容や企業情報を深掘りする

二次面接のほとんどは、一次面接で答えた内容や質問をより深掘りするような形で進行します。
企業にとって二次面接は、一次面接では把握しきれなかった応募者の適性を見る場となります。二次面接に臨む際は、一次面接で受けた質問をできる限り思い出し、どのような形で深掘りされるか予想して回答を準備してください。
また、二次面接を受ける企業について、一次面接の段階よりも詳しく調べておきましょう。「どんな企業か」という表面的なものだけではなく、事業を通じて自分が何を得たいかというところまで深掘りしておくことをおすすめします。

「なぜこの企業で働きたいか」をより明確にする

企業情報について深掘りしながら、改めて自身の希望や意欲を明確にしておきましょう。特に同業種の企業が多い場合は「本当に当社である必要があるのか?」と、面接官に疑問を感じさせないことが大切です。企業の特性を理解したうえで、この企業でなければいけないという意思を強く伝えましょう。

自分の長所・短所を具体的にしておく

二次面接ではスキル面だけではなく、求職者の内面をより深く理解する意図をもって実施されます。自分の長所や短所を客観的に分析し、面接時に答えられるようにしておきましょう。また、ただ長所と短所を挙げておくのではなく、長所を活かしてなにをするか、短所とどう向き合っていくかまで答えられるようにしておくことが大切です。

逆質問を準備しておく

面接官から質問を求められた際に、すぐ質問できるようにしておきましょう。ただし、調べればすぐに答えの出るような質問は避けてください。逆質問は「企業に対してより意欲的に考えている」ことを伝えられるように、より深い部分に入り込んだ質問を考えておくことが大切です。逆質問がないと、意欲がないと判断される可能性もあるので必ず準備しておきましょう。

自身のこれまで・これからを言語化しておく

自分自身がこれまで経験してきた成功・挫折を客観的に分析し、言語化できるようにしましょう。これまでの経験を活かして今後自分がなにをしたいか、どうなりたいかを明確にすることも大切です。ただし、無理やり大それたことをいうのではなく、説得力のある内容を意識してください。

二次面接で聞かれることが多い質問と回答のポイント

二次面接で聞かれることの多い質問には、以下が挙げられます。

  • 志望動機
  • 転職理由
  • 長所・短所
  • 将来像・キャリア
  • 過去の実績・経験

ここでは上記の質問に回答するうえでのポイントを紹介します。

志望動機

志望動機を答える際は、企業に対する興味と自分の接点をきちんと結び付けて伝えることが大切です。二次面接では、企業に対する理解度や意欲が一次面接のときに比べて、どの程度高まったかを志望動機により判断されます。一次面接で答えた志望動機をもとに、より深掘りした理由を述べましょう。

転職理由

一次面接では時間などの関係上、転職理由を深掘りしないことがあります。二次面接では転職理由について聞かれることが多いため、虚偽がないよう回答しましょう。転職理由はできるだけ具体的なエピソードを踏まえながら答えましょう。

長所・短所

二次面接では、長所や短所は求職者が自分自身を理解できているか判断するために質問されます。ただ長所と短所を答えるだけでなく、それぞれにどう向き合っているか伝えることが大切です。

将来像・キャリア

企業は、求職者のもつビジョンが実現可能なものかどうか判断するために質問をしてきます。入社後のビジョンをより明確にするだけでなく、実現に向けて何をすべきか客観的に理解できているかどうかが大切です。

過去の実績・経験

企業は、これまでの成功経験や挫折経験をもとに、求職者がどのような知識やノウハウを持っているか判断します。過去について答える際は、より具体的かつ客観的に答えることが大切です。

二次面接を通過するためのポイント

以下に挙げるポイントを押さえておかないと、二次面接で採用を見送られる場合があるので注意しましょう。

  • 質問の回答に一貫性を持たせる
  • 企業で働きたい意欲を明確化してアピールする
  • 自己分析を徹底する

質問の回答に一貫性を持たせる

一次面接の回答と一貫性があるかを確かめるために、あえて二次面接で同じ質問をされる場合があります。回答に一貫性がないと、しっかり考えて答えていないと判断されてしまうかもしれません。一度答えた質問だからと安心していると、自然にズレが生じている場合もあるので注意してください。

企業で働きたい意欲を明確化してアピールする

二次面接はスキルよりも、意欲が重視される傾向にあります。どうしてもこの企業で働きたいという意欲をアピールできなければ、入社しても活躍できるのかどうか疑問に感じさせてしまうでしょう。面接中の話し方や声の大きさ・トーンなど、些細なポイントでマイナス評価につながってしまう場合もあるので注意してください。

自己分析を徹底する

二次面接は、一次面接と同じ質問をより深掘りして聞かれる場合がほとんどです。自己分析をしっかりしておかないと、二次面接で求められるような自身を深掘りしたアピールが難しくなります。意欲を判断されることも多いため、一次面接に通った段階で徹底した自己分析を進めておきましょう。

一次面接・最終面接との違いも把握しておこう

最後に、一次面接と最終面接の特徴について解説します。二次面接との違いを把握しておくことで、より実践的な対策を立てられるでしょう。

一次面接の特徴と突破するためのコツ

一次面接は、ビジネスパーソンとして最低限の基準を満たしているかどうかを判断するために実施されます。服装や髪型、言葉遣いや受け答えなど、第一印象につながるポイントが重視されます。ビジネスマナーの常識に沿った状態で臨むことを意識しましょう。また、企業に対する下調べをしているか、質問の回答にズレがないかなどもチェックされます。緊張を抑え、冷静に対応できるような心構えも重要です。

最終面接の特徴と突破するためのコツ

最終面接は、社長や役員など、より「経営」に近い人物により行われることがほとんどです。企業について、徹底的に理解しておくことが重要になります。自身の将来像など、入社してからどうしたいかを聞かれることもあるので、一般的な回答ではなく対象の企業特性に沿った回答ができるよう意識してください。

二次面接が最終面接になる場合もある

企業によっては二次面接が最終面接となることもあります。一次面接を通過した時点でここまで紹介したポイントをおさらいし、実行しておきましょう。

まとめ

二次面接は一次面接とは異なり、求職者の企業に対する理解やビジョンなどをより深掘りする目的で実施されます。二次面接で求められていることを理解し、より客観的かつ詳細な回答ができるよう準備しましょう。二次面接の準備を怠ると、たとえ一次面接に通っていたとしても採用を見送られる可能性があります。今回紹介したポイントや重要性を押さえたうえで、二次面接に臨むようにしましょう。

監修者・矢木 麻織香

矢木 麻織香

全日本空輸株式会社→WEBデザイナーとして独立→株式会社Izul
青山学院大学 経営学部を卒業後、客室乗務員として国内線・国際線共に乗務し、ビジネスクラスのサービスも経験。WEB関連の副業をスタートし、その後、WEBデザイナーとして独立。
WEBデザインを通じて、さまざまなクライアントの集客サポートを行う。並行して、ベンチャー企業でのアプリの集客や新規事業の立ち上げにも従事。現在はIzulでキャリアアドバイザーを担当。

著者プロフィール

Izul広報チーム

Izul広報チーム

株式会社Izulの広報チームが運用。20代〜30代の若手ハイクラス層から、圧倒的支持を獲得中。働き方や転職のコツなど、キャリアに役立つ情報を発信していきます。

Twitter

Facebook

LINE