生産管理とは?工程管理・製造管理との違いや主な仕事内容、効率化の方法を解説

2023年3月9日

著者

Izul広報チーム

Izul広報チーム

生産管理とは、材料の調達から製造まで、生産の全工程を管理することです。生産管理には効率が求められるため、現状の体制に課題を抱えている担当者も多いのではないでしょうか。生産管理の理解を深めるとともに、効率化の仕組みを学ぶことで利益の増加につながります。本記事では、生産管理の仕事内容や工程管理・製造管理との違い、効率化の方法について解説します。

生産管理とは

生産管理とは、材料の調達から製造まで、生産における全ての工程を管理することです。製品を製造するスケジュールに従って、各工程を円滑に進めていきます。ここでは、生産管理と混同されやすい製造管理や工程管理との違いについて解説します。

製造管理との違い

生産管理が設計から材料の調達・作業まで管理するのに対し、製造管理は製造業務における作業工程の管理を指します。そのため、生産管理よりも管理の幅が狭いといえるでしょう。

工程管理との違い

工程管理は、製造管理の一部です。スケジュールどおりに製造するため、各工程の作業手順を指示し、進捗を把握しながら完成に向けて進めていきます。進捗をリアルタイムで把握するとともに、負荷が大きい作業現場に人員を追加するなど、納期を守るための行動や思考が求められます。

生産管理の目的

生産管理の目的は、お客さま満足度を高めるために品質とコストのバランスを取り、定められたスケジュールどおりに納品することです。生産効率が低い場合、品質を維持するために多くのコストが必要になります。そのうえ、納期までに完成しないリスクも高まります。反対に、効率化を高めることでコストに対するパフォーマンスが高まるでしょう。加えて、予定よりも早い納品が可能になるため、お客さま満足度の向上が期待できます。

生産管理が抱える課題

生産管理には、次のような課題があります。

  • 工程の進捗を把握できていない
  • 現場の負荷状況が見えにくい
  • 負荷が大きすぎて従業員から不満の声が出る
  • 実在庫とシステム上の在庫に相違がある
  • 原価管理が甘いと利益が小さくなりやすい
  • 材料の手配漏れや発注ミスが多い
  • データ管理のスキルがない

生産管理は業務内容が幅広いため、上記のようにさまざまな課題を抱える企業が多い傾向にあります。全体の進捗管理を担当できる人材を育成したり、DX化された生産管理システムを導入・運用するなど、生産規模に応じた対策が求められます。

生産管理の仕事内容

生産管理は製造計画から材料の調達・製造まで行うため、仕事内容は多岐にわたります。ここでは、生産管理の主な仕事内容を紹介します。

受注管理

受注管理とは、取引先から受け取った注文情報を把握し、生産計画を立てるために必要な情報を整理することです。製品の設計図や加工図面を受け取り、必要な作業を確定させます。数量や納期に応じて生産の方針や方法が変わってくるため、受注管理に問題があると全ての計画に悪影響が及びます。

生産計画

生産計画とは、取引先から受け取った注文情報をもとに、納期や数量などのスケジュールを立てて管理することです。計画通りに出荷するには、他の取引先から受注している案件も考慮しつつ、人員を適切に割り振る必要があります。また、材料も把握し、必要に応じて追加発注することも生産計画における重要な仕事です。

購買および調達

製品を製造するために必要な材料や部品を購買・調達します。使用する材料によっては使用期限が定められているため、適切なタイミングで手配することが求められます。また、材料不足・部品不足が原因で工程を進められなくなる事態を防ぐために、在庫数を常に把握することも重要です。

工程管理

工程管理では、生産計画どおりに作業を進めるために進捗や納期を常に把握しなければなりません。納期までの完成を目指し、各工程の進捗や負荷の状況をリアルタイムで管理することが大切です。また、イレギュラー発生時は迅速な対処も求められます。

品質管理

製品がスケジュール通りに完成しても、品質が低ければ顧客の信頼を失います。適切な工程で製造できているか随時チェックするとともに、最終検査でも品質を厳しくチェックしなければなりません。

原価管理

原価管理とは、製造に必要なコストを把握したうえで予算との比較や過去の実績と比較し、原価を最適化することです。利益を改善するために必要な施策を立案・実行します。原価管理が確実かつ効率的にできていれば、企業はより多くの利益を得られます。

生産管理を効率化する方法

生産管理が非効率だと、製造に時間がかかるばかりか品質の低下にもつながります。そして、納期までに一定の品質を満たした製品が完成せず、顧客からの信頼を失うことになるでしょう。生産管理を効率化して、良い製品を早く・安く生産できる状況を作ることが重要です。

Excelをはじめとした表計算シートの活用

Excelのような表計算ソフトを使用すると、コスト・原価・予算などを効率的に管理できます。パーセンテージの自動計算や予算オーバーの項目のアラート表示、オートコンプリートなど、目視や手作業では時間がかかる管理も表計算ソフトを使えば効率が高まります。

生産管理システムの導入

生産管理システムとは、原価・コスト・スケジュール・進捗状況を「見える化」することで、生産管理の効率化を実現するシステムです。情報の属人化も防げるため、重要な役職に就いていた人物が異動・退職しても、製造が滞る心配がなくなります。
ただし、生産管理システムの導入にはコストがかかるため、どの程度の利益を生み出せるのか検討が必要です。まずはトライアル期間がある生産管理システムから試してみましょう。

生産管理業務の最適化

生産管理業務の最適化とは、業務に少しでも関与している事柄に注目し、生産効率アップに必要な施策を実施することです。例えば、複数のシステムを導入しており、システム間の連携ができていない場合は、かえって生産効率が落ちる恐れがあります。また、Excelの書式が統一されていないような小さな事柄も、生産効率に影響を及ぼしてしまいます。
効率化を目指す際は、大小に限らず順序よく課題を洗い出すことが重要です。まずは、業務フローを洗い出して適正化したうえで、システムや表計算ソフトなどの課題を抽出しましょう。業務改善の優先順位と完了期日を定め、効率的に施策を実行してください。

生産管理の仕事に向いている人

生産管理に向いているのは、全体を見通しつつコントロールできる人です。ひとつのトラブルが起きた際、連鎖的に起こり得るトラブルを速やかにイメージし、先手を打つ必要があります。広い視野で物事を観察し、イレギュラーが起きても速やかに対応できる人が向いているでしょう。
また、特定の現場に大きな負荷がかからないように調整する必要もあるため、現場の状況を把握するためのコミュニケーション能力や人あたりの良さも向き・不向きに関係します。

まとめ

生産管理の仕事は、取引先から受け取った注文情報を元にスケジュールを組み、材料調達や原価の管理、進捗管理を経て納期までに製品を完成させることです。全体を見通せるだけではなく、イレギュラーが起きた際に速やかに対応できる能力も求められます。今回解説した内容を参考に、業務フローの見直しや効率化、人員配置の適正化などを実践しましょう。

監修者・竹節 正輝

竹節 正輝

日本郵便 本社IT新規事業→パーソルキャリアにて個人表彰、新規事業創出プログラムDrit大賞→パーソルイノベーション株式会社 地方副業Loino PdM 霞ヶ関でキャリアをスタートしたのち、転職サイトdoda、事業立ち上げも経験。キャリアアドバイザーとイントレプレナーの2つの顔を持つ。

著者プロフィール

Izul広報チーム

Izul広報チーム

株式会社Izulの広報チームが運用。20代〜30代の若手ハイクラス層から、圧倒的支持を獲得中。働き方や転職のコツなど、キャリアに役立つ情報を発信していきます。

Twitter

Facebook

LINE